「地域密着の互助会はなぜ強いのか」それはね、みんなの生活を支えているからですよ

「地域密着の互助会はなぜ強いのか」それはね、みんなの生活を支えているからですよ

今回は、各地方都市で奮闘する互助会の中から、大阪を中心とした株式会社新大阪互助会、そして神戸阪神間を中心に営業を行なっている株式会社平安の二社をピックアップして比較し、親の時代から子の時代へ移り行く業界の今後を考えたいと思います。

そもそも、葬儀屋って必要なんでしょうかねぇ

そもそも、葬儀屋って必要なんでしょうかねぇ

古くは葬具貸出業や葬列の人夫出しが主な仕事だった葬儀屋さん。時代の流れに乗っていつしか企業も生まれたし、数百億円もの売上げを誇るところも出てきた。しかし、葬儀に葬儀屋って必要なんだろうか。どんどん違う形に進んでいく葬儀の姿に大きな疑問を感じます。

前受け金2兆3千億円の互助会には法改正が必要です、お互いに助け合うという大義名分は時代にそぐわない

前受け金2兆3千億円の互助会には法改正が必要です、お互いに助け合うという大義名分は時代にそぐわない

昨年、放送されていた互助会についてのニュースを最近偶然に見ました。評価とシステムを混在して放送しているので、内容的には少し間違っているためその説明と補足を兼ねて記事を書いています。わかりやすいように他所からの引用が多いので、長文になりますがお付き合いください。

はっきり申し上げよう、派遣登録する僧侶が悪い

はっきり申し上げよう、派遣登録する僧侶が悪い

「僧侶紹介サイトへの批判のため、お寺様への失礼を承知の上で書いております」で、言いたい事は、相変わらずお寺さんを紹介するサイトが生まれている背景には、登録するお寺さんがいるって事。全仏が苦情を申し立ててから早1年。状況は何も変わっていない。みなさん、本当にやる気あります?

トップへ戻る