直葬の生みの親はスティーブ・ジョブスなのか

スマホという、超便利なツールを生み出したスティーブン・ポール・“スティーブ”・ジョブズ。こんなステキなものをありがとう、と言いたいところだけど、人間が堕落する事までは想定してないかっただろうな。もう、日本の電車内はウィルスにやられちまってますよ。

記事を読む

『葬儀乱世時代』だからこそ改革のチャンス、イオンさんやってくれませんかねぇ

今まさに葬儀業界は乱世の時代。大小様々な業者が死ぬ人を取り合っている。老舗葬儀社も互助会も同様。そこへ異業種も参入して、ネットも活用してとやりたい放題の状況が消費者を惑わせる結果となり、安易なプランを生み出している原因でもあります。

記事を読む

『葬祭事業者任せの葬儀簡素化』センセイ〜地元は大丈夫ですか?

昭和の初めの新生活運動。冠婚葬祭を簡素に行い、費用の負担を減らしましょうと取り決めを作成し、地域住民全員でお金持ちもそうで無い方も遵守してとやった訳です。国を挙げて推進したこの運動は形骸化したけど、今こそ、その理念を葬送儀礼に生かすべき時代だろうな。

記事を読む

『新規参入者の皆さん』へお届けしたい、葬儀屋さんの未来予想図

約2兆円規模と言われる葬祭事業。その牙城の一部でもかじり取ってやろうと、次々と他業種から新規参入してくるけど、皆さん大きな間違いをしています。圧倒的な資金力を持つ相手にアイディアだけで勝負できると思いますか?

記事を読む

『死』を考える「葬儀屋さんバージョン」

『死』というのは現実な事だけど多くの人は毎日考えている訳でもない。でも、確実に人は死にます。葬祭業に勤める方々は、その現実を一般の人よりも多く目の当たりにするけど、それでもなかなか自分に置き換える事は少ないのも現実です。

記事を読む

『独立系 小規模 葬祭事業者』は生き残れません、と言い切っちゃいましょう

自然淘汰。この地球上にはそういった能力があると思う。人間が始めた小賢しい事で面倒な事態になっても、いっ時の流行りはあっても、不要なら自然と淘汰されていくと信じています。この先、葬儀のカタチがどんな風に変わって行くかわからないけど、本物だけが残る心豊かな世界であってほしいと願ってます。

記事を読む

『葬送儀礼から直葬へ』弔いの変化を防げなかった罪人たち

『葬儀なんかクソ喰らえ』って感じになったのは、やっぱり僧侶と葬儀屋が悪い。と、改めて強く感じた話です。少し長く申し訳ないのですが、今の葬儀の問題を考える上では大切なポイントだし、それを実際に見聞し、関わってきた私としては罪滅ぼしとしてお伝えしたいと思っています。

記事を読む

『公正取引委員会の調査』から読み解く、葬儀業界の実態

公正取引員会が葬儀業界・ブライダル業界に対して実態調査を行った。そこから見えるのは、強要が常態化している現状とその関係性が生み出す葬儀のカタチの変化。傲慢な葬儀社の態度とその存在が、結果的に葬送儀礼をおかしなものにしているのです。

記事を読む

「霊園・墓石事業者の葬儀」お〜、ヤバイと思える瞬間が来た

10万円ポッキリのなごみ霊廟で有名な「霊園・墓石のヤシロ」が売り出している葬儀プランに注目しています。「供養」というキーワードに紐付けされた葬儀と永代供養。これ、葬儀の在り方が変わるポイントになるかもしれません。

記事を読む

広告?アフリエイト? 当サイトもやっていますが、何か?

昨年の古い話で申し訳ないのですが、当サイトの記事で、耳が痛くなる内容で勉強になるけど、その内容と相反する家族葬や小さなお葬式のバナー広告が貼ってあるのは如何なものかというコメントをいただいた事があります。そう言えばそうだけど、世界的にそういう仕組みで動いているので、まぁ、エエんとちゃいますか。

記事を読む

【葬儀のトラブル】 その② 実際にあったトラブル編

葬儀の際に取り返しのできないようなトラブルが起きた場合、その責任を葬儀社に負わせる事はできるのでしょうか? まぁ、葬儀という場は簡単にクレームを付ける事ができるのですが、葬儀社の対応には消費者が期待するほどの結果が伴わない事が多いのです。

記事を読む

【葬儀のトラブル】 その① 未然に防ぐために相手を見極めましょう

葬儀においてトラブルやアクシデントは付きものです。ちょっと笑えるようなモノから取り返しのつかないような大惨事まで、そりゃ色々な事が起こります。当サイトでもトラブルの相談を受けますが、まずは未然に防ぐ事を身内の事例から考えてみたいと思います。

記事を読む

あっという間に2018年ですが、休めてますか?

今年を振り返る時間もなく、昨年の出来事をまとめようと書き始めた記事も大掃除と買い出しに追われ、一段落した際に正月用にと奮発したエビスビールを1本だけ、という自己中心の解釈で口にしたのが間違いでした。一瞬にして2018年にワープ。ま、毎年の事なんですけどね。

記事を読む

無責任にポンポンと話題をぶち上げるのが葬儀業界というものです

ま〜、葬儀業界というものはですね、ペッパーだのドライブスルーだの何かと話題を作りたがるもんなんですよ。主流となる業者があれば、そこから施行を奪いたいと考えるヤツもいる訳で、その時の金銭事情も絡まって策を練る訳です。そんな業界事情に社会情勢がマッチングしてしまうと、時にはモンスター級の流行りモノが生まれてしまいます。

記事を読む

トップへ戻る