宗教界の危機感のなさと、葬儀屋の慢心が辿る行く末は

エベレストの写真
エベレストの写真

このご時世に、他を寄せ付けない雰囲気って

先日、ある宗教者の方のブログを拝見していたところ、「自宗以外は邪宗である」との強いメッセージを発信されている方を見かけました。

こういった表現を様々な宗教者の方からも聞きますが、特に、日蓮系のお寺様は、日蓮上人の生き様のごとく、激しい勢いでよく揉めてらっしゃるのが印象にあります。

私たち葬儀に関わる者が一番の影響を受けたのが、日蓮正宗とその檀信徒の最大団体、創価学会の皆さんとの決別で、当時、葬儀施行の進行方法が急遽変わり、現場は大変な思いをした記憶があります。

それまで、創価学会の方の葬儀には、日蓮正宗のお寺さんが導師を勤められましたが、その日を境に学会員の信者さんが導師を務めることになり、友人葬として儀式を行うことに。熱心に勤行を上げるがために、時間をオーバーしたり、極端に早く終わったりと…

当初は葬儀の流れ的にわからない事もあり、腰も低く接していた方も多かったのですが、年月が経ち、友人葬の経験を積むごとに、だんだん態度が横柄になってきた方もちょっと多い目にいました。

すみません。遠慮気味に申し上げすぎました。正確には、ふんぞり返って「おい!葬儀屋」的な言い方をされる方もいまして、まるでご自身が、御上人にでも昇華されたかのようにが正解です。

日蓮宗なり、日蓮正宗なり、日蓮系のお寺さんは修行の厳しさでも有名ですし、それゆえ、宗門の道を極めていらっしゃる方も多いとは思うのですが、だからと言って他宗は邪教であるとか、真なる神は存在しない神社にお参りに行ってはいけないとかおっしゃる意見には、宗門の、仏教の、宗教への扉を広く開くにあたってはどうかとも感じます。

でもね、そんな崇高なお寺さんの中でも

これまでに出会ったお寺さんの中には、日蓮系のお寺さんが他宗は邪教である!と言うように、様々な宗派で愚僧な方も確かにいらっしゃいましたし、見てきました。

ただ、日蓮系のお寺さんが、非常に崇高な人として模範となる方ばかりかと問われれば、経験上から申し上げて、Noです。(もちろん、私も酒池肉林にまみれた生活の中で生きている愚なヤツですから偉そうに言うつもりはありません)

宗教者とはいえ、やはり人間ですから宗門に身を置きながらも、欲望にまみれて生活されている方もたくさんいましたし、消費者(檀家)から見ても、それはどうなん?って丸見えでしたから、そのようなお寺さんが菩提寺として、葬儀に、導師としてきた時には現場としての意見は「大変」としか言いようがなかったですね。

また、逆にストイックすぎて、尖りすぎて、ご本人はとても高い境地にいるとでも思ってらっしゃるのでしょうが、とにかく厳しく、偉そうな口調で人に接する。俗人と話したら汚れるとでも思っているのでしょうか、世の中の人とうまく接していけないお寺さん。こんな方の法話なり、普段の話なんて聞きたくもないし、付き合いできないでしょうって方もいましたね。

日本における宗教の遍歴や、それぞれの教義に対する考え方などについては、私ごときが述べる立場にはないので割愛しますが、この記事はあくまでも私感で述べていますので難しい問答は振りかけないでくださいね、一休さんではないので答える事は無理です(笑)

専門性の追求は素晴らしい、でもそこまで世間は関心を持っていないと感じます

私は宗教家ではありませんが、仏縁・神縁にはご縁があり、様々な方と出会いながらその宗派における修行もご一緒させていただいた事もたくさんありました。

融通念仏宗が私どもの宗派でありますが、真言宗、真言密教、古神道、神社神道、修験道、教派神道などの指導者の方にご縁を頂き、各地の霊地、霊山にも参拝させていただきましたし、
寒の行と言って、寒の入りから開けまでに滝行をする事も経験させていただいたこともありました。

こういった経験を通じて一つ言える事は、何事も経験した上でないとわからないということでした。頭では理解しても、その渦中と言いますか、その行為の結果に感じる気持ちは行動しないとわからないという事でした。

それらを行ったから幸せになると確約できる訳ではないですし、悩み事が即座に解決する訳でもありません。ただ、少しは打たれ強くなれた気はしました。

マラソンに例えるのもいかがかと思いますが、やはり完走しないとその充実感、疲労感、達成感などは理解できませんし、なぜこのようなしんどい事をやっているのか?なんて、禅問答のような問いに答えは出ません。

走りきったからといって、それがどのように生活に人生に役立つのかはわかりませんが、上辺で、頭で答えるコメンテーターの意見よりも、実経験者の言葉の方が説得力はあると思います。

そういった意味では、このような経験は葬儀の仕事においても葬儀そのものの本質を感じる事には非常に役立ちましたし、喪家からの宗教的な質問、疑問にもおそらく仏道(宗教)としてはこのようにお考えになっても差し支えはないのでしょうかとの観点から、自分の言葉で伝えることができた事も良かったと思っています。

私ごときの少々の経験でも、死について感じる事や儀礼の大切さを感じますし、それを伝える機会を担当させていただくことにストイックな部分も必要ではないかと感じるぐらいですから、当然、お寺さんはもっと切実に感じる事でもあるでしょうし、それを実践され、お手本となる生き様だからこそ人々に尊敬され、その教えを、言葉を聞きたいがために大切にされるのではないかと思います。

時代は変化しています

宗教の遍歴を見る限り、様々な壁にぶち当たりながらも実践するために行脚する。その中で人々の生活にも役立つ情報や知恵を授けてこられた歴史はあると思うのです。教えの本質は変わらずとも、その伝え方、話し方、手法は変化をしてきたと思っています。

しかし、現在の宗門の在り方をみますと、本道を変質させてはいけないとのお考えかもしれませんが、文化を守るために変化を許さないのか、はたまた、それを守ることが宗門なのか疑問に感じる事があります。

先日も、寺院と住民が反対して「世界遺産・仁和寺前のローソン、出店中止」のニュースがありましたが、京都の仏教界は地方自治にも強い意見を持つ団体です。

古都の文化、環境を守る事は、日本の文化を守る上でも大切なことだと思いますが、京都の各寺院は、観光でも維持できる環境にあり、他の地域にある寺院とは置かれている状況がかなり違うと思うのです。

私たちが日常に接する宗門の皆さんは、葬儀における宗教者離れが進むこの状況をどのようにとらえていらっしゃるのでしょうか。

冒頭に申し上げたように、他宗は… なんて事を言ってる間に若い世代はどんどん離れて行ってしまっている。しかも、現在の宗教にとっての一番の受け手である高齢者の皆さんも離れて行っている。

葬儀にお寺さんはいらない!と、様々なところで、著名な方が発言するたびに、世間は流されていく。今、受け手がいるかもしれないが、その方たちが亡くなって檀家人口が目減りした時にどうやって寺を支えていくのでしょうか。

そんな事を、葬儀業界の問題も含めて案じる私としては、他宗に対する意見を言ってるよりも、もっと衆民に役立つ情報を、もっと違ったアプローチ方法を考えるのが急務ではないかと思うのです。

直葬の問題にしても、宗教界が意見を発信していくべきでしょうし、その前にまず、「お寺さんの話」を聞いていただく雰囲気作り、環境作りがなければ内輪でガーガー言ってるだけになり、その白けた雰囲気の中で、葬送儀礼はなんてと意見を言っても誰も聞いてくれません。
もっと、話を聞いていただけるような手法を考えるべきですし、そのための変革も必要ではないでしょうか。

終活は宗教者の役割ではないのか

前回、終活カウンセラーは宗教界、特に仏教者が担うべきだと申し上げました。葬儀社、資産管理の専門家、法律の専門家、グリーフケアの専門家などとネットワークを結び、宗教者は袈裟を脱いで、もっと人間臭い活動が必要なのではないかと感じています。

そして、これこそ日本で名だたる高僧が地道に行ってきた活動と同じであり、それが宗教ではないのかと思っています。日本全国を行脚し、人の生活を、心を豊かにするために自らを投げ出しその教えを説いた。その中で、当時なりの様々な悩みや問題の解決に相談にも乗っていたはずです。

便利になった現代は、不便だった時代より宗教者の方々は行動エリアが狭くなっていますよね。「その代り、今はネットがあるから」なんて言わないでくださいね。歩いて日本全国を回る代わりに、車ででも回らないでしょうし、自坊から発信するブログなどで熱く語ってもそのブログは埋もれてしまって届いていません。歩くこと、汗をかくことを忘れた教えなんてこれまでの宗門の開祖はされていないと時代を見て思いますが、いかがですか?

これまでにも葬儀業界に対して同様の趣旨の意見を申し上げてきました。今回、宗門の方へこのような意見を申し上げるのは大変失礼かとは思いますが、宗教界、葬儀業界が葬送儀礼を守るためには、一番近くで葬儀に関わってきた両者がもう一度、自身のスタイルを見直す時だと思っています。

時代に合った生死観を伝える事は必要と思いますし、線香くさい話だけでは、今の時代にはウケが悪いのではないかと思います。かといって、文化を、歴史をおざなりにする事を良しとも思いません。

葬儀業界が慢心の末に消費者に見放されていく可能性があるように、宗門の皆さんも同じ道を辿っているのは間違いないことです。いち早く、修正をかけて道をさぐることも宗教の道だと思いますし、その宗教を根底とし葬儀というビジネスを行っている葬儀業界にも求められる事だと思っています。

シェアする

トップへ戻る