オリンピックのためにサマータイムを検討? もぉ〜、おじいちゃん、ワガママばかり言わないの | 直葬は、間違ってます by 三日坊主

オリンピックのためにサマータイムを検討? もぉ〜、おじいちゃん、ワガママばかり言わないの

2020年オリンピックロゴ
2020年オリンピックロゴ

森さん、目は見えてる? 声も聞こえてる? 気は確かですか?

ご承知のように8月6日に産経が報道したサマータイム導入の記事。

【東京五輪】酷暑対策でサマータイム導入へ 秋の臨時国会で議員立法 31、32年限定
政府・与党は、平成32(2020)年の東京五輪・パラリンピックの酷暑対策として、夏の時間を2時間繰り上げるサマータイム(夏時間)導入に向け、本格検討に入った。与…

これを聞いた時には椅子からずり落ちそうになったけど、ブチ上げてきたのは東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗くん。2019年と2020年の2年間の限定で導入を検討しろと、旧森派の後輩にあたる安倍くんに相談したのです。

バカな政策報道から一週間以上が経っても、マスコミ各社は肯定的な立場で前向きな発言ばかり。サマータイム導入によるデメリットや事の重大さを報道するところも無し。これじゃいかんと今回取り上げてみました。

巨額の資金が必要な五輪・パラリンピック

昨今のオリンピック開催時期決定の背景には米メディアの影響が強いと言われています。IOCに対して巨額の放送権料を支払っているため、その国の事情に合わせた競技時間や開催時期になってしまうのです。

先の平昌冬季オリンピックでも同様で、アメリカのゴールデンタイムに合わせた競技時間だったためスキージャンプの決勝も夜中に行われるなど、常識ではありえない話。それが今回、日本の夏季オリンピック・パラリンピックで同じ事が行われようとしているのです。

そもそも真夏のオリンピック開催に相当な無理があるのは誘致段階からわかっていた事で、1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックの際にも、暑い真夏の時期を避けて気候のいい時期に開催しようと、数年間の気象データーを元に気象庁や学者が総力をあげて選んだ日が10月10日だったのです。

まさかの誘致成功直後から、真夏に開催? 無理じゃねぇ? 何て事を言われていたけど、そこへ今年の猛暑を体験した事で「どうするの?」となった訳です。こういった声を受けて、競技開始時間を早めようと、マラソンのスタート時間を午前9時から午前7時に、その他の競技も開始時間を早めるというのがIOCや米メディアへの精一杯の抵抗だったのです。

7月の後半の午前7時なんて、今年の暑さで体感した私たちには「無理やろ、そんな時間に。2時間早めても意味ないで」と思うのですが、そこへサマータイムを導入しさらに2時間早め、実質的に午前5時からスタートさせようという暴挙に出たのです。

ならさ、普通に午前5時から開始しま〜すって言えばいいのにねぇ。

おじいちゃんのワガママ「サマータイム導入すればいいんじゃねぇ」

何て、何も考えずにほざいた森くん。あのね、来年2019年にはね、天皇陛下の退位もあってね元号ってのが変わるのを知ってるよね。でね、日本中がシステム変更のためにお忙しくなる訳。

でね、サマータイム導入を検討する時期と重なるのもわかるよね。本番は2020年なのだろうけど、バグもなくシステムを検証しようと思ったら2019年の7月までにシステムを変更して検証しないといけないのですよ。陛下の退位から2ヶ月しかないのもわかる? ねえ、おじいちゃん、見えてる? 聞こえてる?

日本中が頑固じじいのワガママに付き合わされそうになっている現実。このサマータイム以外にも、開会式と閉会式の混雑を避けるために、時限的に祝日を制定し、それを開・閉会式の前後に引っ付けて通勤ラッシュを避け、混雑を緩和しようとしているのも皆さんはご存知でしょうか。

これも派遣社員など、非正規労働に従事する人にすればとんでも無い話ですよ。出てなんぼの仕事の場合、例年以上に「休まされる」日が増え、収入も減少するんですよ。森くんも安部くんもそんな事なんてお構いなし。

葬儀も、通夜が午後7時からと言っても実質午後5時になるし、葬式の時間もこれまで午前11時から始まるゴールデンタイムの式時間が実質9時から始まる事になるし、午前10時からになると、実質午前8時ですよ。そんなに早くから葬式なんてちょっと無理があると思うけどなぁ。

各業界でどう考えても無茶な話なのがサマータイム。森くんと安部くん、そして安部くんの取り巻きに任せていたら皆さんの周りでも想像以上に不都合な事が起きます。なんとか、まともな考えを持つ人が阻止してくれることを願って、皆で声を上げていこうではありませんか。

「猛暑もチャンス」から突然の「サマータイム導入」 森喜朗の五輪トンデモ発言まとめ | 文春オンライン
8月6日、驚きのニュースが報じられた。「酷暑対策でサマータイム導入へ秋の臨時国会で議員立法31、32年限定」(産経ニュース)というものだ。酷暑が懸念される東京五輪対策として、夏の時間を2時間繰り上げる…

シェアする

トップへ戻る