喪主あいさつと言われてもねぇ

黒いマイクのイラスト
黒いマイクのイラスト

普段、人前で話した事もない方が多いのに、葬儀になると否応無しに挨拶をさせられる。自分の気持ちを声を出して届ける事は大切ですがなかなか難しいですね。そんな方へ、その挨拶のポイントをお伝えいたします。

それでは、喪主様ごあいさつをどうぞ

と言われてできる訳が無いですよね。でも、普通に喪主へあいさつを促す葬儀担当者も多いのです。

位牌や遺影写真を持たせて「それでは霊柩車へ向かって歩いてください」って言っても、初めてなんだからどうすればいいかわからない方も多いのです。持ち方もわからない。歩けと言われても、どこへ歩けばいいのか?葬儀社の感覚が一般とはズレていると言う事を感じます。

で、喪主あいさつなんですが、火葬のみの葬儀であっても、家族葬でも、大きな葬儀でも締めくくりとして、本来は喪主自らが参列者に一言お礼を申し上げるべきだと思うのですが、これが中々難しい。

普段から人前で「ペラペラ」と喋る事に慣れている方なら問題ないのですが、寡黙な方や、あがり症な方なら、もうどうすればいいのかとなります。で、よく「あいさつの原稿とかってありますかね」と聞かれ、葬儀屋さんは渡したりするのですが、これがまた堅苦しい文言。普段言わない言い回しが書いてあります。

衷心(ちゅうしん)より厚く御礼申し上げます

って普段言わないですよね。私も葬儀の仕事に携わった頃、先輩が司会(進行係)しているのを聞いて「中心(ちゅうしん)? 真ん中っちゅう事ね。なるほど、なるほど。心の真ん中からお礼を言うのか葬儀は!?」って感じで意味を間違って思っていましたから。

また、「心情(しんじょう)を披瀝(ひれき)し」なんて言葉も出てきたりするのですが、「しんじょう ひできって誰?」と、聞いても意味不明な言葉がやたら出てくる訳です。

最近はこんな文例は少なくなり、通常の言葉使いに近い表現になっていますが、残念ながら昭和の初期のような言葉使いのまま、先達の文例をパソコンで編集し、DNAのごとく現代に受け継いでいる葬儀屋さんの「ちょこっと難しいあいさつ文例」も存在するのです。

これら、新旧を織り交ぜて情報が発信されていますから、いざ実際に自分があいさつをするとなって、よくわからないから葬儀屋さんに聞いたら、難しい言葉を並べた文章例を渡される。ネットで調べても情報過多で、何を選択すればいいかわからない状態になってしまいます。

何を話せばいい?

これだけ葬儀の価値観が多様化してしまった現代では、社葬以外は全て普段通りの言葉でいいと思います。社葬は、故人と遺族・親族、また故人とのプライベート上の付き合いでの悲しみの部分と、ビジネス上の付き合いも融合する場です。

また、次世代の社を代表する後継者のお披露目としての側面もありますので、所作、もてなしなどで評価も分かれますからから形式を重んじますし、テキトーな言葉使いでは話せません。

一方、個人の葬儀の場合は、参列者用と親族用に話す内容は変えるべきですが、言葉の用い
方は普段通りで、目上の方と話す感じでいいと思います。職場の上司へ話す時の感じ(できない方も多いようですが)でいいのです。

参列者用に行うあいさつのタイミングは葬儀屋さんが教えてくれますので、内容のポイントは

  • わざわざ参列してくださってありがとうございます
  • 皆様のおかげで無事に葬儀を終えました
  • この悲しみを皆で(遺族・家族)乗り越えていきます
  • 故人がいただいた皆様とのご縁を今後は私たちが大切にします
  • これからもよろしくお願いいたします

と、要約すればこのような内容でいいと思います。

参列者用の話し方

参列者へのあいさつを行うタイミングは、あくまでも、他人に対して申し上げるお礼の言葉を伝える事が主になりますので、身内と話すよりは距離感があります。また、難しすぎる言葉は謝辞が伝わりにくいので普段の言葉でいいと思います。

人前で話すのは緊張するものですが、複数の方がいても一人の方と直接話している感覚でされる方が自分も話しやすいですし、聞いている側も受け取りやすいと思います。参列者用の話し方を例えれば、有給休暇が取りにくい職場で長期の休暇をお願いする時みたいな感じといえば伝わりますかね? 

「失礼いたします。課長(部長)少しお時間をいただいてもよろしいでしょうか。実は、(休暇を取るために考えた必死の理由)のために◯月◯日から有給休暇を取らせていただきたいのですが… はい!もちろんその間の引き継ぎはきちんと段取りしております」

なんて状況なら、多くの方は目的達成(休暇獲得)のために丁寧に話すでしょう。

親族へのあいさつの内容と話し方

親族に対してお礼を言うタイミングとしては、葬儀も終了し、収骨前後の仕上料理をいただく前の時がベストです。いくら親しい身内同士とはいえ、故人のために集まり、お供え物や香典などもいただいているのですから「おじさん、おばさん、今日はありがとう」ではダメでしょう。きちんとあいさつは行うべきです。

この時もかしこまって難しい言葉を使う必要は全くないのですが、節目として礼儀をわきまえた所作は必要と感じます。

  • 故人(父母、伴侶、兄弟など)のために、わざわざご足労いただいたお礼の言葉
  • 供養のために、お供え(供物・香典)をいただいたお礼の言葉
  • 故人を大切に思う言葉(感謝・教えなど)
  • 故人の、供養(偲ぶ)のためのお席(食事)を用意させていただきましたと
  • 再度のお礼の言葉で締めくくる

と、流れとしてはこのような感じでしょう。

それぞれに自分の言葉で、一行、二行程度のお話しをすればいいと思いますが、礼節は大切にされた方が感謝の気持ちは伝わりやすいと感じます。

また香典の表現は、「お供え物や香典までいただき」でなくて、「お供えをいただき」という言葉の中に集約してもいいと思います。親族同士のお供えの有無、お布施の金額の多寡などを感じさせない表現の方が当たり障りがない、公平に接するという気持ちでの表現としては適切ではないかと思うのです。そういった心遣いを持つ事が大切です。

話し方は丁寧すぎると逆に堅苦しさに気が回り自分も言葉が出なくなってしまいますし、聞いている親族へも謝辞が伝わりにくいものです。

感覚的には、既婚者の方の場合、結婚する前に相手の両親へあいさつに行った時の話し方といえば分かりやすいかもしれませんが、親しみと礼儀を併せ持つ態度が相手の心に届きやすいのではないでしょうか。

未婚の方の場合は、師と仰ぐ方と話す時の感じを思い出していただければどうでしょうか。

親しきなかにも礼儀あり

の思いを持っていただければと思います。自分が話す言葉なのですが、自分の口を通じて故人が皆さんへメッセージを送っていると思っていただければ、その機会を大切にしていただけると感じます。

遺体の保全や、宗教儀礼には守らなければならない法律や戒律というものが存在しますが、葬儀の儀礼には絶対はありません。絶対にこうしないといけないのではなく、慣習として存在するやり方はありますがそれが全てではありません。

そういった意味では、あいさつも形式にとらわれるのではなく、気持ちを、心を言葉を通じて届ける行為だと思っていますので、ありのままの気持ちを話せばいいと思います。

葬儀の進行係(司会)を長らくやって思うのですが、言葉は歌と同じで音の響きだと思うのです。その旋律がきれい(心からの響き)ならば余韻として残りますが、耳障り(自慢話しや形式上の言葉)だとノイズとなり、いくら内容が良くても耳にまでしか届かず、心には伝わらないと思います。

流暢な方ほど話が長くなりがちです。面白い話をする場でもないですし、いくら「ほぉ〜」と感じるいい話をされても多くの方は内容を聞いていませんから、話すことに自信がなくても、短い話に終わっても大丈夫です。

心から思う言葉なら、上手下手、長短には関係なく伝わりますので。

シェアする

トップへ戻る