はっきり申し上げよう、派遣登録する僧侶が悪い

晴れた中、ベンチに腰掛けてエベレストを見る僧侶
晴れた中、ベンチに腰掛けてエベレストを見る僧侶

先日、FBでお世話になっている方の、ご友人の新しい著書が出るとのタイムラインを拝見して、Amazonへ申し込みをしようかと飛んだところ、ページ下に出てくるスポンサーサイト(これは著者とは全く関係ありません)に掲載されている僧侶派遣会社の広告が目に飛び込んできた。

Amazonお寺さん便で話題になっていたので多くの方はご承知だと思いますが、あれから1年以上が過ぎても、まだ追従して同じような事をやっている奴らがウジャウジャいる。

このパーソナライズド広告という機能で、閲覧したユーザーが過去にチェックした書籍や関連する事業の広告が自動で配信される仕組みなのですが、結構迷惑な印象を受ける。当ブログでも広告のところで僧侶派遣など出てくるので、「わたしゃオススメしてるわけじゃないんですが」と意に反した内容が出るのです。

そのお節介な機能によって出てきた「お坊さん手配」だの、「公式和尚さん」だの、「大阪お坊さん派遣」だの、馬鹿げた商売をやっている連中のどうでもいいようなサイトを運営する会社の住所をググってみたところ、その所在地は普通の住宅地だった。

葬儀に関係するのか、それとも宗教に関係するのか、住宅地の風景からは推測されないが相変わらず二匹目のドジョウを狙うような輩はいてるんだとバカバカしくなってきた。中には住職自らが運営する僧侶派遣会社もある。

あえて申し上げます

確かに僧侶として独立した形で寺院を運営できない事情もわかります。副業・副職をもち、兼業しながらも寺院の維持管理に苦心するお気持ちもわかります。

公務員であったり、教職員であったりと、古くはそのようなおじゅっさんもたくさんいましたが、最近ではそれも減ってきました。「葬儀が入ったから休みます」が許されない環境が増え、そのために職を選ばざるを得ない。

本山にしても、その存在を維持するために年貢のごとく志納を強要してはくるけど、末寺が財政的に苦しもうが手を差し伸べることはない。お寺さん登録を禁止する事もない。

それぞれが独立した宗教法人だから口出しをしないとの大原則かもしれないけど、同じ宗派を名乗って、本山というなら家庭では本家であり親ですよね。分家や子にあたる末寺が恥ずかしいバイトに勤しんでいても、本山を維持するためには見て見ないふりですか? 

そんな本家の親父達が名を連ねる 全日本仏教会(以下、全仏)にしても、2016年3月に「Amazonのお坊さん便 僧侶手配サービスについての販売中止のお願い文書」を提出したっきりで何も動きがない。

危惧を持ちながらも全仏として声明を出し続ける事は、組織が生まれた歴史的背景や現在の活動趣旨からは少し離れてしまうのかもしれない。なら、最初の声明も出さない方が良かったようにも思える。

公的な場所では反対を表明し、一家の中では秘密のアルバイトは容認する。こんな矛盾が世間との距離を遠ざけていくんだと思うのです。

希薄としか言いようがない

これまで寺を支えてきた檀家制度にも揺らぎが出てきて、都市部ではほぼ機能していない。地方であってもそれを支える方々の高齢化の問題もあるし、その方々がお浄土やらへ赴かれた後には若い世代の無関心しか残らない。

世を見渡すと、書籍などで知的財産を欲するよりも、労せずお金を得ようという希薄なものに価値を感じるのかとも思う。電車内を見れば、人生においてそんなにゲームって大事なのか不思議に感じるほど、ほぼ全ての方がスマホに夢中になり、企業の思惑に乗せられ大切な時間とお金を消費している。

そんな観点でスマホを見れば、僧侶斡旋紹介するページ自体も二次元の中で表現されるバーチャルなものって感じているかもしれない。その背景に「死」というものがあるけど、アマゾンやグーグルの広告に掲載される程度の軽さでしか捉え方られない。

そんな宗教や文化・風習というものが身近に存在しない年代の人にも、やがて人生の苦悩の時はやってくると思う。その時、何にすがり何に教えを乞うのか。一縷の光となり得るその存在の重要性に気付いた時には、時遅くお寺や宗教者が失われているかもしれない。

人マネして小遣い稼ぎ、こんなの商売とは言わんやろ

こんなサイトを作る方も何を志して始めようと思っているんだろうと思う。多くの方に仏教(宗教)への敷居を下げて触れていただきたい。葬儀や法要を通じて宗教の存在意義を感じていただきたい。死を無下に扱わないでほしい。なんて強く感じて、ボランティアで活動して無料で斡旋する訳でもないでしょ。

ただ、金儲けしたいからやろ。ほんま、しょうむない。と、大阪弁で言いたくなる。

そんなに金儲けしたいんやったら、誰かが先にしよった「僧侶紹介サービス」に便乗すんなよ。お前らただのパクリやし真似しいなだけや。自分で新しい事でけへんかトライしてな、世の中の役に立つシステムを必死に考える方がほんまもんじゃ! と、これまた汚い大阪弁で言いたくなる。

それが必要だ!と多くの方が思えば、あなたの懐にはお金がやってくるけど、そんな事を考えている人は使い道もまた違うよ、あなた方とはね。「さもしい」この言葉がぴったり当てはまる商売が僧侶紹介サービスですよ。

で、そんなところに登録までして、寺を維持するためにという 建前 意見を言いながら活動するお寺さんも悪い。と以前書いたら、その登録をされているお寺様から苦渋のご意見を頂戴しました。でも、「確かに…」これしか言いようがない。

尊い存在であるが故の、それを維持するための金銭的な問題。そして、それを取り巻く環境の問題。経済と教え。これを両立する上での苦渋の選択であると。

しかし、経済を自立させるには住職に経営感覚がなければ無理だし、それを主にすれば宗教者としての活動がおかしくなる。檀家、そして檀家総代という別部門の経営団体があってこそ機能してきたけど、これが崩壊しようとしている現在では、おじゅっさんがやり手か、坊守さんがやり手でないと無理です。

維持するためのパワーの方向が間違っていると思う

私もそうですが、経験が長いってことはすごい事でもなんでもない。だらだらと何十年の時間を経るよりも、効率よくシャキッと3年の経験を積む方がいい事もあります。ただ、長い経験の上で貴重なのは、その時代を実際に見て体験している事実だけです。

その意味で申し上げると、30年近く葬儀の現場に携わってきて思う意見としては、紹介サイトを作る方もどうかと思うけど、それに今更ながら登録するお寺さんはご自身の足元を見失ってますし、時代感覚に乗り遅れている人だという事です。

登録するぐらいなら、有志を集めて自分たちでするぐらいの方がやり手だけど、そんなことを推奨している訳ではない。こんな仕組みなんて、何十年も前に関係は出来上がっていたし、秘密裏に行われていたんですよ。それの中心になれなかった。中心の人物があなたを必要としなかっただけです。(その関係や組織は大嫌いですけどね)

それまで葬儀屋に頭を下げてきた連中を毛嫌いし、関わってこなかった。けど、生きていくために登録するぐらいなら、廃寺する勇気を持って本山とぶつかってでも、吸収されてでも、そこへエネルギーを向けるべきじゃないかって、今の時代ならそう思います。

親である本山が、子である一族・宗門の事をもっと大切に考えないと

お布施の意義について語る全仏のコメントやその報道も、登録しているお寺さんの 建前 意見にしても、多くの消費者にとっては全くの他人事で問題点の本質は伝わっていない。お寺さんも経済活動が必要って環境がおかしいけど、もっと早くに手を打たなかったから今に至っているんでしょう。

以前にも申し上げましたが、全仏で紹介システムを構築できないかなっと。それが無理なら本山単位でサイトを作ってやればいいんじゃないですかね。公式って事で、そこ以外に登録しているお寺さんはパチモンですよと。

お布施に困窮する方や、宗教や供養についての疑問や相談を本山が代表して受けて、末寺に振ればいいんじゃないですか。定額表示はお布施の概念と違うというなら、うまく表現する事を一門で知恵を出し合ってすればいい。消費者がわかりやすいものを作る。そんな視線がなければもちろんダメですけどね。

エリア(縄張り)も決まっているし、堂々と紹介手数料を取ればいいじゃないですか。そうすれば年貢のように強制的に納めろっていう、志納の負担も軽減されるし、教義も正しく守られる。訳のわからない紹介サイトで宗教への不信を増長されるぐらいなら、自分たちで解決する努力をした方が百万倍いいと思うのです。

登録するから稼働するんです、登録しなければ潰れるんです

で、今更ながら登録する僧侶の皆さんが間違っていると思うのは、そんな仕組みを本山に働きかけて、できないをできる仕組みにするための努力をする方が先決じゃないでしょうかと思うから、あえて悪いと申し上げてます。

いやいや、それは色々と問題があるし、各寺の立場や意向もあるから無理だよ。なんて声が聞こえてきそうですが、そんな意向を持ったお寺さんもすでに登録しているんですよ。仏の教えを維持と言うより、それを支えていく構図に危機感を持たず、しようとしないのは富める寺院としての立場とメンツが邪魔して、本質に無関心なだけでしょう。

登録するからサイトは稼働してしまうんです。登録しなければサイトは潰れます。なら、そんなところは潰すべきです。自分たちで「◯◯宗公式 僧侶紹介・供養相談サイト」を構築して、本山以下一丸となって登録・管理を行って活動すれば潰せます。反対する富めるおじゅっさんを説得できるかどうかは、富めないおじゅっさんの熱意しかない。

紹介サイト運営者は、お寺様の意向なんて汲みません。己の金儲けのためなら、人の死を利用してでもお布施から半分近くの手数料を奪い取っていく連中です。そんな連中と関わっている方が、教えの大切さも見失い、自身の意識も汚れ、志も迷子になってしまうんじゃないでしょうか。

お寺様がされてきた修行や、教義についての探求や勉強にはおおよそ及ぶものではありませんが、それでも霊地霊山に趣き、真似ごと程度の修行や供養事の経験をさせて頂いたおかげで、そこにいて触れてきて感じたものが自分なりにあります。

こんな私でもその存在を観じさせていただけた。そして、その存在があるからこそ、その存在を維持してくださっている方がいるからこそ、自分の人生の中においても、その大きなエネルギーに助けられたという気持ちはたくさんあります。

そのご苦労を全て存じてはおりませんが、それでも安易に登録をする事が一番の選択肢ではないと感じております。僧侶紹介サイトへの批判のため、お寺様への失礼を承知の上で書いております。お許しください。

Amazon「お坊さん便」に注目が集まってます
う〜〜〜ん、頭の痛い問題ですなぁ Amazonで販売されている「お坊さん便」について、消費者を中心に、仏教会、また、仏教会に関連する方...

シェアする

トップへ戻る