葬儀がおかしくなった原因は、葬儀屋49% 宗教者51% | ページ 2 | 直葬は、間違ってます by 三日坊主

葬儀がおかしくなった原因は、葬儀屋49% 宗教者51%

生きるための葬儀という儀式

そもそも、葬儀という儀礼において大切にされてきたのは、その宗派のやり方を踏まえた上で、その場を機縁として「いかに生きる事を考えるか」に対しての「教え」と触れ合う事であって、何も宗教は死ぬ事の処理のためにだけ存在する訳でもないのです。

人(御霊)を弔い供養する。ご先祖との繋がりを実感する中で、自分の命の尊さ、ありがたさを感謝し、次に繋げるためにどう生きるのかを考えさせられる空間。そこが仏の場であり、この世の不可思議な、目に見える世界だけではないという事を「観じる」時間ではないかと思うのです。

そのトップが導師であり、宗教者だとすれば、自身が模範となって存在しないと話がおかしい。でも、世間ではそのような高僧な方は遠い存在。身近に見かけるのは、高級車とまではいかなくとも普通に自動車を乗り回し、特に生活には困った感じもしないし、SNSで見かけるのはお酒を片手に笑顔で集まっている坊さんたち。

唯一、純粋に信仰を求める方々を除いて、一般人と宗教者が繋がりを持つというか、人間臭いところで接する機会が多いのが葬儀の場。その葬儀業界の側から言わせていただけば、僧侶の在り方が葬儀をおかしくしていると思うのです。

フォローする

トップへ戻る