夜中に葬儀屋さんが来るのは当たり前?終活なんてやる前に考えるべき事

白い変わった形の車両
白い変わった形の車両

当たり前と思っている方が多いのですが、なぜ、夜中でも葬儀屋さんは来るんでしょう。なぜ、病院もそれを勧めてくるんでしょう。そんな、大人な事情すら見えなかったら、終活なんてやっても意味はないと思うのです。

人が亡くなるという事の背後にあるもの

まず、人が亡くなった時、一番に重要視されるのは、その死因の犯罪性の有無です。警察であれ、病院であれ、その死因が病気なのか自然死なのか、それとも事件なのかを判断します。

自宅などで死亡した場合、外観からでは判断できませんので、現場の状況、かかりつけ医の有無、病気や体調などを遺族や関係者から事情聴取して次の行動に移ります。この時点で検視・検案が行われ、監察医による行政解剖へ進むのか、もしくは、事件性が有りと判断されれば司法解剖へと進みます。

行政解剖は、事件性はないがその死因を調べる必要があると判断した場合に行われ、司法解剖は、犯罪被害死体として解剖が行われます。どちらにしても、公的な施設で行われるため、その多くは日中に遺体の引き取りを行うケースがほとんどです。

入院中、もしくは搬送先の病院で亡くなった場合、高度医療の研究が必要と判断されない限り、また、献体を希望していない限り、病理解剖として行われる事は無く、病室または霊安室へと運ばれます。献体は故人の意思。解剖は遺族の同意が必要です。

これ以外にも、様々な法律によって死後の進むべき道筋はありますが、多くの方は病院で亡くなるケースが多く、その医院の医師による死亡診断書の発行をもって葬儀を行う事になります。

さて、ここからが問題です

先ほども申し上げましたように、司法・行政解剖は概ね公的な機関で行われるため、夜中に引き取りに来なさい、なんてのはないのです。一方、病院は死亡した時点で即退院してほしいとの思いがありますから、夜中でも引き取って下さいとくるのです。

で、遺族の感情の中にも「早く家に連れて帰ってあげたい」との気持ちもあり、これらが相まって葬儀屋さんの出番となる訳です。霊安室設備を持つ病院なら、遺族の希望により、翌日の日中に引き取りも可能ですが、敢えて移さない病院もあります。

看護師からも「葬儀屋さんには連絡しました?」くるし、いつしか夜中でも普通な意識になって、この時点で喪主となる方の心には焦りというものしか生まれてこないのです。目の前にある遺体と、背後にある日時未定の葬儀に挟まれ、気持ちにゆとりが無くなります。入院部屋の料金を支払っているのに、死亡、即退院しろというのは病院の都合であり、酷な話です。

で、このような状況の中、葬儀社を手配するか、葬儀社すら決まっていないケースでは、昔は電話帳、今はスマホで検索することになります。その結果、「24時間対応・親切丁寧で安い」なんてフレーズと、「あっ、ここ聞いたことある」なんてネームバリューで選ぶことになるのです。この時点で、葬儀屋さんの張った網に引っかっているようなもんですよ。

亡くなった→すぐに引き取りが必要とは思わないでください

まずは落ち着きましょう。早くなんて考えなくていいです。失礼な言い方になりますが、生きるか死ぬかなら分かりますが、亡くなった時点で、今更焦ったところで何も変わらないのです。夜中でも日中でも同じです。

霊安室がない病院って、町の診療所などを除いてほぼ見かけた事がないので、まずはそこへ移してもらうか、病室でも一日余分に安置が可能なら、一旦荷物などを引き上げて自宅へ戻り、受け入れの準備をしてから翌日、病院へ向かえばいいと思います。

その間に葬儀社を選択すればいいし、なんなら、三日坊主にコンタクトを取ってくだされば、可能な限りアドバイスをいたしますよ。もちろん、無料で。

「帰りたい、帰りたいって言っていたから、早く家に連れて帰ってあげたい」その気持ちもわかります。

それを実現してあげるのが一日延びても、その分、葬儀を一日延ばせば同じです。希望すれば、もう一日でも、二日でも自宅で安置する日を延ばす事も可能です。それを焦せらせるのは葬儀屋さんの式場稼働率の都合、担当者の都合、施行システムの都合でしかないのです。

理念と行動は相反してます

「一人の担当者が最初から最後までお世話するのが当社の姿勢です」なんて会社の理念があったとしましょう。そこで働く方は固定給かもしれないし、歩合給かもしれない。寝台車でお迎えに上がる事で何かしらの手当があるかもしれない。施行担当をすることによって、これもまた手当や歩合給が発生するかもしれない。

そんな背景があって、会社の理念と働く側の報酬の都合が相反する部分があり、その担当する葬儀が終わらないと次の施行を担当できないなら、当然、早くその施行を終えようという意思の元での提案なり、言動になります。これは会社側もそうです。担当者はベッタリでもいいのですが、会館を空けていては売上が発生しません。

やればやるほど、何かしらのお金が生まれるなら、一ヶ月と言う限られた期間、しかも、いつ次の施行が入ってくるかは分からない仕事なので、いつでも担当できる状態にしておきたいし、会社はできるだけ早く施行にしたいと、普通は考えますからね。

で、これを二日延ばしてくれますか?なんて言うと、「ご遺体の状態を考えますと」とくるし、「では、ゆっくりと日延べできるように、お値段は少々張りますが、エンバーミング処置をいたしましょう」と、軽く20万円ほど上乗せてくるんですよ。

皆さんが考えるべきポイント

このように、病院の都合と葬儀屋の都合によって、現在の葬儀のカタチは進んでいます。村の葬儀の決まりがあった頃には、それが監査役になっていましたが今はない。全て、素人による自己判断しかないのです。ならば、ゆっくりと時間をかけて葬儀を行うべきだと思います。

家族だけで行われる葬儀も増えましたが、その家族葬を構成する上で必要な家族であっても、仕事の都合で休みを取れない方も多い。なので手間をお金で賄おうと考える方もいる。

でも、葬儀は皆さんの手で行うのが本来の姿。葬儀屋さんに必要以上の無駄なお金を支払うなら、葬儀に賢くなるために時間を使い、葬儀の際に余分に休む欠勤への補填に回して、その時間を買ってほしいと願います。

夜中に葬儀屋さんが来るのは、他社に取られないよう一番乗りしたい会社の考えだけ。また、病院も病気を治すイメージのところで、死は感じさせたくない世界。なので、葬儀屋の取り合いに乗っかって、こっそりと早く出てねとくるんです。

そんな世界にホイホイ乗せられていては、終活なんてやってみても、いい葬儀なんてできる訳がない事をご理解いただければ幸いです。

シェアする

トップへ戻る