葬儀業界のパンドラの箱を開けたやつは誰だ!

巷の葬儀の形態が大きく様変わりし、その内容も儀式と言えないものになってきている現状で、特に直葬については私は業界が全て悪いと思っています。消費者が求めるからなんて言い訳にしないで欲しい。仕事欲しさにパンドラの箱を開けた奴がこの業界にはいるんですよ。

やったらあかん事

この蓋を開ければ一時的に仕事が来ることはわかっていたけど、やはり原価以上の事はできないんです。そうなると、儀式を犠牲にしなければいけない。だからそれはしてはいけない事だったんですが、やってしまった。

憲法では「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあり、その観点から生活保護を受給する方へ葬祭扶助が支給されます。国民として、いや人として、最低限の権利として守られた葬送儀礼のための費用より安い直葬を積極的に販売するなんて、私は絶対におかしいと思うのです。

そんな事を一人が始めれば、追従しなければ仕事を奪われてしまうという貧疎な葬儀屋の考えで、あっという間にあっちこっちで見かけるようになってしまった。しかも「専門店」なんて、何か勘違いしているバカも出てきたんですよ。

そして、あたふたしている葬儀業界をトンビのように上空から狙って横取りするような仕事が生まれました。サイトで既存の葬儀社の在り方を批判しながらも、その葬儀社を使って施行リスクを避け利ざやを抜く「葬儀紹介ブローカー」です。

儀式が商材に変化してしまい、いつしかそれらが入り混じり、消費者も葬儀社がそのような商品を提供するんだからそれもアリなんだと思ってしまったんです。

摂理すらなくなっていくのかな

本当に葬儀って変わりました。悲しいぐらい変わってしまった。葬儀が葬儀らしかったのは平成に入るまででしたね。お葬式における葬儀屋さんの立ち位置が当時とは大違いなんですが、現在の業界に就職する人にとっては今の葬儀が普通と思うのでしょうね。

それまでは葬儀を行う側も、宗教者の皆さんも、葬儀屋も、祀るという事を大切にしていました。道具を扱う時ももちろんの事、その空間を作り出す事にも様々な配慮がそこにはありました。そして、死に対する尊厳というものが根っこには必ずあったのです。喪家の方も、宗教はよくわからないけど手を合わす事の摂理は心にあったんです。

とは言っても当然、葬儀屋も商売ですから売上を求めますし、安いより高いほうがいい。働く者も少しでもたくさん給料や報酬をもらいたい。当たり前の事ですがそのためには「仕事ができない」と無理だし、「認められる」事がないとどうにもならない。

できない、しようとしない社長(会社)や社員・従業員は、いわゆる「梲(うだつ)が上がらない」状態に長らく甘んじる事になります。

これを打破するのは自分しかないし、そのためには人より一歩でも抜きん出なければいけない。心技体ともに自分で磨き上げて抜きん出ていかなければ、会社や自分を取り巻く環境は何も変わらないのです。

そんな気持ちを秘めて現場に立つと、今度は、向上心を持ち続けて立ち続けることの難しさに直面して、いつしか努力する事を忘れてしまいます。そして、葬儀は中途半端な知識や経験でもできる仕事ですから、そこで全ての進化が止まってしまう。そんな会社や人たちをたくさん見てきました。

そんな人たちが作り出し、推し進めているのが直葬だと思いますし、ゲスな商売なんだと思っています。

文化的な葬儀は存在しないのか

ネットの普及がもたらしたものに利便性がありますが、これと同時に二次元の世界観における軽薄さも蔓延しました。クリック一つで葬儀を依頼できる代わりに、本質がどんどんと失われていってしまうのです。

業者もサイトを利用して、いかに安そうに見せて、そして親切そうなイメージをきれいでスマートなホームページを作成して表現し、訴えかけてくる。彼らはこの部分だけ能力が長けているから、内容がなくてもそれなりに見えるんです。

NHKに取材されたとか、新聞やテレビで取り上げられた、取材を受けた。こんな事が信用の基準になってしまっています。マスメディアは無責任に、ただ目新しい事、読者に受ける記事ネタになりそうなものを探しているだけなのに、二次元の世界では印籠となってしまう。

まさしく葬儀業界は無法地帯。国の政策も葬儀は宗教的行事ゆえ、政教分離の原則がチラついて法整備をしないまま、ここまできてしまいました。国民が文化的な葬儀をできない事に関心はないのかな。

子供が生まれる事、経済が活性化し国が繁栄する事には興味津々だけど、死について考える事を無責任に放置してきた結果が今の葬儀の在り方です。親を満足に送る事すらできない環境や意識が、経済大国と言われた日本の現状なんて、悲しいなぁ。

あ〜、もう、このままちょっと変な葬儀は突き進んでいって、希薄な意識と自己中心的なエゴのぶつかり合いの中では葬送儀礼を残す事は難しいのかと思うと、書いていて本当に辛いですわ。

コメント

  1. ベルちゃんルコちゃん より:

    某互助会に身を置く者です。
    耳が痛いが勉強になるな、と思い拝見させていただいておりましたが、
    家族葬 ●●円~ 小さな◎◎ のバナーが貼ってあるのに気がついた時
    思わず吹き出しそうになりました…
    いかがなものでしょう?

    • 三日坊主 より:

      コメントありがとうございます。

      当方のバナーはprivacy policy(https://3kabouzu.com/privacypolicy/)に明記しているように、Googleアドセンス等の広告を使用しています。
      これは記事に関連するものや、閲覧者のPCなどによる閲覧履歴を元に自動的に勝手に「ふさわしい」と思えるものを提示してきます。
      例えば、当サイトに訪問される前にyahoo!やGoogleで「直葬」や「葬儀」などと検索した項目に関連するものが追従されるものです。

      これらはGoogleアドセンスの仕組上、これをを使用している限り仕方がありません。また、これを関係ない広告が表示されますとか、推奨しておりませんなどとコメントを入れるのもアドセンスを使用しているスタンスからいえばおかしい事になります。なので、サイトの一部をGoogleに貸している以上、このスペースは何が表示されようが致し方ないと、これまでサイトを運営してきて考えております。当初、気にはしておりましたが、わざわざ「それだけ」を引っ張ってきてバナーとしているわけではないので、判断されるのは閲覧者の自由とのスタンスです。

トップへ戻る