おいおい、と感じた終活屋さん この人たち笑えるわ

不気味な笑顔の銅像
不気味な笑顔の銅像

声は聞こえないけど、姿はあった

最近、めっきりとお名前を聞かなくなった「終活カウンセラー・終活アドバイザー・ライフケアプランナー etc…」はぁ… そろそろ、どっかへいんでくれないかな。(大阪弁で、どこかに行ってくれないか、帰ってくれないかっていう意味)

この方々の最近の言動はどうなんだろうと、終活資格を発行するある一般社団法人を見ていたら以下のように定義していましてちょっとびっくり。ある程度の受講料がかかる事は知っていたけど、マジマジと見る事ってなかったので、ステップを踏んでいくと総額がいくらほどなのかは知らなかった。

で、今回、勉強も兼ねてちょっとまとめてみましたけど、こんなに費用をかける人ってどれだけいるんだろうかという疑問と、事業者の皆さんは、これからどちらの方向へ向かわれて行くのかという老婆心だけが残ったのです。

お金と時間をかけて、さあ、あなたも明日から終活カウンセラーだ!

『初級終活資格』

特徴:自分でエンディングノートが書けるようになる。終活に関する幅広い知識を得ることができる。

受験料:9,970円。会員登録料:月額380円ですが年払いが条件で4,560円と表示があります。ですが、近々の受講案内(平成29年4月)を見ると支払い期間は2年間分(平成31年3月まで)との期間表示がありますので、本来は9,120円必要なのですがここには金額の明示なし。

費用合計19,090円

大阪のおっさんの独り言:エンディングノートちゅうやつの書き方か、そんなんネットで見たらぎょうさんあるやんけ。ほんでな、葬儀屋はんの見学会とかセミナーに行ったら書き方も教えてくれるし、ノートもただでくれはるやん。ただやで!ただ!

『上級終活資格』

特徴:終活に関するカウンセリングスキル?と案内スキル?とあり、他の人に対してエンディングノートを書く事をアドバイスできる知識とスキルを得れます。

初級終活資格を有する者で、協会が主催する「勉強会」なるものに1回以上参加した方だけが受講できる資格。受験料39,960円(別途、事前審査費?2,160円が必要)勉強会は数千円から数万円まであり。

初級資格19,090円 + 上級資格42,120円 + 勉強会1回(数千円から数万円)

ここまでの費用合計(初級+上級+勉強会1回)61,210円以上

大阪のおっさんの独り言:そんなんやったら、こないだの葬儀屋はんのとこ行ったらええねん。「友達連れてきたどぉ〜」って言うたったら、あん時の兄ちゃんの顔も立つし、今度もただで昼メシ食えるやんけ。それになあそこ行ったらお土産もくれんねんど。

『インストラクター資格』

特徴:終活カウンセラーを育てる講師の資格です。勉強会に年2回の参加義務有り。

初級、上級ときて、数千円から数万円かかる勉強会に年2回参加することにより申込みが可能となります。受講料200,000円。

初級資格19,090円 + 上級資格42,120円 + 勉強会1回(数千円から数万円)+ インストラクター受講料200,000円 + 勉強会2回(数千円から数万円)

ここまでの費用合計(初級・上級・インストラクター・勉強会)261,260円 以上

大阪のおっさんの独り言:ほぉ〜、あんたもこれで一人前や。これからはな、うちとこの団体のためにぎょうさん働いてや! ほんで、知らん人もぎょうさん連れてこなあかんで! ちょけとらんと、ちゃんとせなあかんで!

何と言うか…

通信講座などでも販売している、この終活カウンセラー等の資格を得る事によって、一般の方は何が変わるんだろうか。この法人は最終的には「代理店制度」も考慮しているそうで、そうなると立派なビジネスじゃないですか。子が子を増やす。どこかで聞いた事のあるこの仕組みって、知識やスキルを得るっていう主旨から外れてませんかね。

他にも状況を調べて検索していたら「最短2週間で取れて収入になる終活資格!」なんて露骨に宣伝しているところもありました。これも社団法人と名乗っておりますが、ここは極め付けにバカじゃないのかってつくづく思いましたよ。

終活資格アシスタントで年収100万円以上。マスター資格なら年収1,000万円以上なんて収入見込みも書いていたし、もはや何をしたいのかがわからない。多かれ少なかれ、必要性があまり感じられない資格を販売しようと思ったら、何かのメリットがないと売れないんだろうね。

この資格や団体・協会が良いとか悪いとかは言いませんが、利用する。資格を得る。なんて行動は皆さんの自由です。

まあ、私なら26万円もあればゆっくりと温泉にでも浸かって、美味しい料理をいただきたいですけどね。いやいや、千と千尋の神隠しのモデルとも言われる「台湾の九份」もいいな。夫婦二人で十分いける金額だし。格安プランならちょっと贅沢できそう。

倒産しない旅行会社を選ぶ慎重さと同じくらい、終活ってのも慎重にお考えになられる方が身のためだと思う、三日坊主でした。

トップへ戻る