楽天銀行にひとこと

ネットバンクって、結構めんどくさい事に気づいた

楽天銀行といえば、イーバンク銀行から変わったわけですが、ちょっとめんどくさい事がありまして皆さんにも経験があるのかなぁと思い記事にしてみました。

オークションでの入札はちょくちょくするのですが、久しぶりに楽オクに出品をしてまして落札頂きました。出品期間も3日しか設定していなくてバタバタと終了。
で、楽天銀行に入金されるわけなんですが1年近くログインしてなかった状態。

でも、「安心してください。覚えてますから!」

と、IDとパスワードを記憶、自動入力する、goo IDという、Macのキーチェーンのようなソフトにイーバンク時代のデーターを残してあるのでWindowsノートを引っ張り出してMacと2台でスタンバイです。

Windowsが最近、メッチャ遅くて、あれこれしてはみるんですが、「まぁ~、あんまり使わないしぃ」ってことから放置状態なんで、IDとパスワードを表示させて、サクサク動いてくれるMacでログインしてやろうと考えていました。

今は、もっと便利なものがいっぱいありますが

このgoo IDなんですが、XPの時代まででアップデートと販売が終了してましてVista以降は稼働しません。幸いに、Windows7は、仮想モードでXPを使える(これがかなり遅い)ので、そこからソフトを起動させるつもりでした。
なにせ、XPモードで一度だけ楽天銀行にログインした記憶があるので余裕モードで起動。

すると。んっ?ソフトが無い⁉︎ 確か前回インストールしたのに消えてる⁉︎ 状態。

まだ余裕の私は、外付のHDに取ってあるバックアップを使おうと、USBをカチッと差し込みソフトをコピペしてダブルクリック。

「ホェッ? なんか意味不明な英語出てますけど…」

なんどやっても無理。インストールできないしぃ。

まぁまぁまぁ、こんなことはよくある話ですやん。

しゃーないなぁ、次の作戦だ!とまだ余裕。

エクスポートしてあるファイルからログインIDとパスワードを確認すればいいだけやしぃ。
まんまと情報をゲット!

早速、Macから楽天銀行へログイン。
と… IDかパスワードが間違っていますとメッセージ。

「えっ?」(^_^;)

あれこれやってみたが、どうもIDが間違っている様子なので、よくある「ログインでお困りの方」へ。

「はーぃ。困ってま~~す」

なんか、変なイラストを一つ選んで進む訳ですな。

ここでIDを変更できるとあったので、即、変更。
見事、ログイン完了。

「ふふ、やっぱりどうにかなるもんやでぇ!」

久しぶりにログインする銀行に、小さな興奮を覚え、妙な想像力を働かせる私。

「どうしょう… 引き出すのを忘れているお金が何百万と残ってたら… 超~ラッキーじゃん」

「間違って入金されているお金があって、残高がドヒャーってくらいあったりして」と、まる子ちゃんのような想像を働かせる三日坊主でした。

恐る恐る残高を見ると…

「984円」

さすがです。通常、想定される結果です。夢を見た私が悪うございましたm(_ _)m

ネットバンクのメリット

楽天オークションから楽天銀行に入金されるパターンだと、メリットとして

  1. 入金が早い。
  2. 振込み手数料が無料とあります。

この手数料無料に惹かれて楽天にした訳ですが、イーバンク時代に口座を作った私は、キャッシュカードがないので全てネット操作による振込みや決済するパターン。

あまり使っていないので気にしていなかったのですが、結局、そこからまた別の銀行へ振り込まないといけないので手数料はかかる。なら、初めから手数料がかかる銀行を指定した方が、手間が省けるし、手数料自体そんなに差はない事にようやく気付く私でした。

不正アクセス防止のためか

サイト内を巡回調査していると「ワンタイムキー」をやたら推奨している。何々? 「不正アクセス」、「不正送金」とやたら不正の文字。

セキュリティに何かあるのかい?
結構、楽天さんはやられるタイプなのかい?
なんて思っていました。

じゃ、ワンタイムキーの設定をしてやろうじゃねえか。ってことでお客様情報の変更みたいなところをクリック。ワンタイムキーが送られるアドレスを見てみると「docomo」となっておる。

オー ワタシ イマ au ネ

じゃ、削除して登録しなおせばいいんだぁとやってみるが削除ができない状態。
変更するには「変更」をクリックとあるので押してみるが変更できない。

変更するにしても、代替のアドレスを使うにしても、全て、今は使っていないdocomoのアドレスにメールでワンタイムキーを送ると!しかも「フリーメールは推奨しておりません。セキュリティの観点から携帯のアドレスを推奨いたします」ときたもんだ。

バッカじゃねぇ! だから、その携帯を変更したいんですけどぉ。

どうあがいても、できましぇ~ん。
あっちこっち見てみても「意味不明」
仕方がないので、郵送でワンタイムキー用のアドレスを変更することにチャレンジ!
登録情報の変更から入力して確認。で、クリック。

………「確認のためのワンタイムキーを登録のアドレスに送ります」だって。

だ・か・ら… そのアドレスは使ってないんです。
携帯も変わってます。
受け取れない携帯に送られてもどうにもできないんです。

なんとかしてくださいよぉ! 三木谷 浩史社長!

もう少し、人間味が欲しいと思うのは私だけ?

ヤフーにしても楽天にしても、常時、電話対応すれば人件費もかかるからでしょうか、どうもこのネットで事業をされているところは電話を受けることが大嫌いみたいですよね。

で、「お問い合わせはこちらから」とかってあっても、サイトの一番わかりにくいところにようやく電話番号があるパターン。

もう一つ、「よくある質問FAQ」とあるんですが、ここでも「ハイハイ、貴方がわからないって事、ここに書いてるでしょ。しっかり探してくださいね」と問答が書かれていて、「わからない奴がバカだ」的な印象を受けるのは私だけでしょうか。

今回の私のように、携帯が変わっている住所が変わっているケースのFAQが何処かにはあるのかもしれないですが、少なくとも私が探した結果はでてこないし、とにかく時間がかかる。

サイトで変更⇨できない⇨また一から入力⇨できない。また…

システムを作っているのは、そらぁ、楽天さんが世界に誇る優秀なスタッフかも知れないですが、そのシステムを使うのは、一般レベルのPCスキルしか持ち合わせない庶民が大多数ですよ。

「ビック」を買えだとか、「不動産担保ローン。最大3,000万円」とか「カードローン」だとか売ることにはデカデカと作るけど、利用者が困ってることやわからないことには「片隅にチョっこと」作ってあって、「冷たい」感じをいつもこういう事業者からは感じます。

とにかくFAQかメール。
トラブルがあってもまずFAQかメール。
ようやく電話をかけても「委託先」が対応。
社員は、ぜ~~~~~~たい出てきません。電話には。

電話もセンターで取り扱いだし

三日坊主も最終的には電話で問い合わせました。
「品質向上のために通話を録音させていただいております」って言うから、「不便」、「わかりにくい」など、いくら録音してもらおうと叫んでも、な~~~~んか、大きな壁と話しているみたいにしか感じないのです。

「住所変更の入力をしていただいて、次のページ、下へスクロールしていただきますと郵送で申し込みができるボタンが出てきますので…」って、最初に電話で対応してくれた女性の方は親切に、申し訳なさそうに話してくれてましたのが唯一の救いですが、このスクロールするページも小さなウィンドウで開くため、ここでも「登録されているメールアドレスにワンタイムキーを送信します」とのメッセージが最初に目に入るのです。

そうなると「またか…」となり、下までスクロールして見ることも、動かす気もならない。
こんなところが「優しくない」と感じるのですよ。

だって、ここまでで「1時間半」消費しているんですよ。
最終的に解決するまでに2時間…

「ちゃんと作ってあるでしょ」
「説明を見ない、利用者が悪いじゃないですか」
とサイト管理責任者の方に言われているようですが、こっちは疲れて、理解力が無くなってくる訳で、楽天さんの思惑とおりにはいかないんすよ。

ここだけは連携プレーが素晴らしい

もう、こんな面倒くさい銀行はいらない。普段から使う口座でもないし、オークションの入金先は解決したしで、解約。

これも電話で申し込んだら、「ホームページから解約の申し込みができますので」と、今度の方は淡々と話してきます。

「う~~ん。実に冷静だ」

その方の指示とおりにサイトから解約の手続きへ進み、「最後に押していただきましたら解約になります。残金は登録されている別の銀行口座へ楽天が振り込みますので」ときたもんだ。

ポチッとな。

「あのぉ、振込み手数料が取られているんですけど…」

で、先ほど住所変更を郵送で申し込んでいる事を伝え、用紙を送らなくていいから止めれるの?電話受ける部門が違うよね。だって、さっきの方は解約係へはもう一度かけ直してくださいって言ってたし。

すると「ハイ。住所変更の書類送付は自動的にストップしますので大丈夫ですよ~」

へぇぇぇ~~~~

サイトでの処理はスッゲー時間かかるのに、お金をいただく(振込み手数料)事は間髪入れず処理して、経費のかかる(変更用紙の郵送料)事は部署関係なしで見事な連携プレーを見せて、出金をビシッと止める。さすが、細かな無駄は許さないのねぇ~

よっ! 社長! 日本一!

その連携プレーを、球団にも活かしていただけたら首位独走できたのに… 残念。

便利だけど、変な国に向かってるのか?

これまで、大きな企業でも対応は「人」がしてきました。
自動車販売店しかり、携帯会社しかり、電化製品しかり、食品会社しかり。
車をネットで購入する事があっても、故障やトラブルをメールで対応したりしますかねぇ…

支店をもつ銀行でもネットバンキングでの事はサイト上でする事が多いですが、サイト上でのインフォメーションは楽天銀行に比べて「親切」だと思います。
で、支店へ行かないとできない手続きは面倒ですが行かないとダメ。
でも、そこへ行けば「人」がいて、ちきんと対応してくれる。
支店単位で電話も取ってくれる。

しかし、日本から人がいなくなったぐらい、楽天などのIT企業やネットバンキングは、ほぼすべての事をネットで対応しようとします。
クレーマーも多いから、そういう対応にならざるを得ないのかもしれないですが、人が人と話すことがなく、1通のメールで答えを求める。
どうしようもない「脱力感」に襲われます。

そんなに人を置けないほど儲かってない訳ないでしょ。

ドライなのかなぁ…

なぁ~んか、変な国になってきましたね、日本って。

シェアする

トップへ戻る