エンディングコンサルタント 佐々木悦子氏についてひとこと | ページ 4 | 直葬は、間違ってます by 三日坊主

エンディングコンサルタント 佐々木悦子氏についてひとこと

神様が通る道

神社等への参拝の際には、御祭神への通り道、参道の中央は神様がお通りになる事からそこを避けて端を歩くというのはあります。

神道では作法上、上下(かみしも)の概念があり空間では上(頂)が主で下(麓)が従となりますし、左右では左が上になりますので、この場合、正中線の左側から神殿へ進む事になります。

中央を通る事をダメというなら、中央でお参りする事はどうなのか?と女史の発言に疑問が… 

私は少々、神様事にはご縁があり、よくお手伝いをしていましたので申し上げますが、端を通って御祭神の前へ進み、正面で参拝する時に中央でしてはいけないとは言われた事は、神道・古神道・修験道・教派神道など、これまで関わった事のある団体から知る限り、私の記憶ではありません。

また、仏教でもこのような作法は正直聞いた事がありません。(私が無知ならお許しください)導師が祭壇前の中央で焼香(引導や表白など)した後に、後方へ退座し、その同じ場所で、中央で焼香する事は、逆に格式の高い葬儀の場合や社葬でよくある事です。

焼香後にどちらか片側に設けた答礼場に参列者を誘導するためとか、葬儀の流れをスムーズにするために片側通行をお願いするのであって、本来、焼香は中央を進み正面へ対座・対面して行うものだと私は思っています。

弔辞にしても、遺影に向かって話す訳でし、ある意味、ご本尊へ奉奠する訳ですから「すみません。端を歩いていただいて、端の方で読んでいただけますか」なんて言った事もないし…

トップへ戻る