直葬は、間違ってます by 三日坊主 | ページ 19 | お葬式にまつわる話を30年近く葬儀に携わってきた目線で「つぶやく」以上、「叫ぶ」未満で書いてます。

互助会でお葬式をすると、どうなる

互助会のシステム 互助会の会員システムは、冠婚葬祭の「将来に使用する権利」を「分割」で購入する「前払い式割賦販売」になります。よく勘違...

記事を読む

葬儀見積もり担当者と、どう向き合うか

葬儀屋さんを、何を基準にして選んでいますか? ネットで調べて探した。 家の近くにあるから。 病院から搬送されて、そのまま...

記事を読む

お寺さんの紹介料について思う事

お寺さんを紹介してリベートを得る。個人でこっそりやっていたヤツもいたし、会社が堂々と「別収入」と認め、いざ問題が起きると、そのリベートがなければ成り立たない仕組みを強要しながら関わっていない立場ですよなんて言う。なんじゃそらの世界の話です。

記事を読む

ちょっと面白いお寺さん

葬儀の仕事を始めた頃、何もわからずの状態でちょっと変わったお寺さんが存在した。この頃からお寺さんからの便宜はあり、小遣いという形で渡されていました。テキトーなお寺さんはいつの時代でも存在していたのです。

記事を読む

寸志の実情

良くも悪くも寸志は存在していた。潤滑油としての側面もあるかもしれないが、徐々にエスカレートするにつれ大きな問題になってくる。果たして寸志は必要か不要か。

記事を読む

葬儀屋さんの暴走を止めていた存在、それが帳場と葬儀組でした

古く、葬儀組が存在した時代には帳場があり、葬儀に関する集中コントロールセンターの役目を担っていた。ある意味、葬儀社に対しての監査役にもなっていて、無用な費用の高騰は防がれてきた経緯がある。この存在が無くなってから葬儀の形態も大きく変化する事に…

記事を読む

家族葬っていつから始まったのか? おそらく平成15年頃ですよ

家族葬がいつから始まったのか。また、家族葬が訴えかけるメッセージとは何なのか。生活に密着しているようでしていない葬儀。この中で起こっている価値観の崩落が、私たちの未来にどのような影響を与えるのかを検証しました。

記事を読む

トップへ戻る