ブログをはじめようと思ったきっかけ

天にそびえる十字架
天にそびえる十字架

葬儀の宣伝や紹介でひっかかる事が多くて

葬儀業界に感じる傲慢さと言うか、消費者の都合ではなく業者都合であれこれ進んでいく事がずっと引っかかってまして、そんな風潮に一石を投じてみたい。そして、その情報がお葬式を行う側にも、担当する側にも活かされればと願い始める事にしました。

私が最近、不穏に思うネタに、葬儀業界からのネット上での情報発信があまりにも「希薄」すぎて、かつ「同じような物」ばかりが乱発されていると感じる事です。

皆さんもネットで「家族葬」や「葬儀相談」などを検索された事があると思いますが、いやってほど出てきますよね。これを見て皆さん理解できますか?

無理です… 葬儀に携わってきた私でも見ていると面倒くさくなって、その先に進めません。
どこもかしこも出てくるワードは同じような物ばかりで、

  • 家族葬
  • 直葬
  • 安心
  • 低価格
  • 最後まで一人が担当します
  • 終活サポート
  • エンディング講習
  • 無料相談

など、これらで構成されたページはどこも同じような感じです。違いは値段でしょうか。そして、これらの業者に共通するのは、直葬料金を客引きのキャッチにする姿勢が私には信じられないのです。

葬送儀礼の大切さを伝える仕事なのに、それらを外していく。本音は、高額な「そこそこ」の葬儀を受注したいがために、安易に低俗化してでもとにかくアプローチが欲しい。そのためには故人の尊厳など、おざなりにできる業者もたくさんいます。

葬儀の相談って、本当に無料なんでしょうか?

「葬儀の無料相談」、「安心・優良な葬儀社を無料紹介」なんてのも山ほど出てきます。

紹介サイトの謳い文句には「当社の趣旨を理解し、厳格な葬儀を行う事を守っていただける、安心の葬儀社のみ登録、紹介しております」なんてのもあります。海千山千の業者もたくさんいるのに、それって何基準で判断しているの?と思うのです。

紹介サイト業者は、施行依頼したところからの登録料や、施行一件に対する紹介手数料などで
サイト運営を賄います。

家族葬を、全国の業者に紹介することで大きな成長を遂げたサイトも皆さんご存知だと思い
ますが、このような「受注と施行は別会社で」のシステムは結構古くからありまして、特に
新しくできた物ではありません。

結局、「相談無料=施行誘致」を狙っての事なので、相談に関する答えは自社の都合がありますから、どうしてもそのアドバイスは「偏って」いて、ズバッと切り込めないのです。

また、消費者と葬儀社の間に入って、費用や内容を施主の希望に近づける「葬儀の事前相談」、「葬儀のコンサルタント」的な動きをされている方もいますが、多くは葬儀の実務経験が乏しい方も多いので、偏った独自の考えを押し付けられる可能性が高いのです。

 

終活コーディネーターの仕組み

このビジネススタイルは、皆さんの関心が高い「終活」というワードを利用して、そのための要点を講習などで伝え、その成果を「初級終活コーディーネーター・カウンセラー」などという「資格」を取得させる事で評価するものです。

なので、初回の受講は無料だったとしても、次回以降、講習は有料だし、必ずその理解レベルを評価するために、資格を取得しなければなりません。そして、その資格にもステップアップがあり、また、毎年の資格更新もあり、継続的に料金が発生するシステムです。

もちろん、協会に加盟する士業の先生方へも相談する事ができますが、これは税理士・弁護士・司法書士・ファイナンシャルプランナーなど、あなたの財産管理のサポートを「受注」するための「窓口」の拡大のために参加しているだけです。

そして、協会が認める上級終活コーディネーターの有資格者になれば、あなたも未資格の皆さんを集めて、有料で講習を開く事ができます。その際、協会は代表者の講習を併せて開催したり、ロゴの使用を認めてくれたりと、全面的なバックアップを行ってくれます。

しかし、これは鵜匠の鵜と同じで、資格試験・継続更新など儲かる部分を協会が得るための一種の方法であり、そのために、有資格者となった皆さんを使って受講生を集める手段でしかないのです。現実的な話として、葬儀については協会も資格を得た方も実務経験は乏しいので、具体的なアドバイスはまず無理です。

見えない関係性

こういった業者はお互いに協力関係として繋がっているのですが、最近は、ネット上で中々判断はつきにくい上に、慎重になってきまして、その繋がりを不透明にして潜っています。

利害関係を共有するNPO法人、一般社団法人等の理事や役員にはお互い就任せず、名前を出さないよう、繋がりを感じさせないよう細心の注意を払っています。

ところが、葬儀社の若手二代目さんなんかは、脇が甘いというか、意外なところから繋がりが見えてきたりするんです。自社のホームページ上では関係性が見えないのですが、そこから
リンクするブログ等を見ていると終活関係者とか、紹介業者等との繋がりが見えてきます。

互いの事務所所在地、登記住所なども関係する業界関係者をもう一人、二人リンクしてから葬儀社とつながっていたりするんです。(かなり複雑ですが)出所がわからないようにするその様は、まるでネットワークのローダリング状態です。

「繋がりが見えないよう」 にしながら施行誘致を狙う、囲い込む。こんな方々があなたの葬儀を狙っているんですよ。いや、葬儀ではないな、お金をです。

消費者の厳しい環境

このような状況の中に消費者の皆さんは置かれています。いかに有智である事が、納得のいく葬儀を行える事につながると私は思っています。

葬儀において大切なのは、葬儀は誰のものであるかです。故人と縁に結ばれた方とで行うものが本来の葬儀であり、死を通じて生きる意義を教えてくれる存在が宗教者です。葬儀社は、あくまでもその場、空間を作る仕事で、サポートする存在でしかないのです。

この点を多くの方は勘違いしています。葬儀社や上記で記した死に関連する事業者の思惑に乗せられているだけです。葬儀は流行りものではありません。

古く、葬儀を村で行っていた頃は、皆さんベテランでした。葬儀社は葬具を貸し出す、葬列のための人夫を出すだけの存在だった。その時代の葬儀が、本当の意味での葬儀です。

ネットなどから得た、皆さんが知っている知識や情報は、思惑を持った業者が自分たちの都合に乗せてやろうとして発信された言葉や内容です。それらを知らず知らずのうちに正しい事だと思ってしまう。これもある意味で乗せられている事です。

その情報が正しいのかどうかを判断する時に、このブログがお役に立てばと願っております。そして、皆さんが葬儀の際に「行いたい事・してあげたい事」を、費用との兼ね合いを判断しながら探すヒントとして活かしていただければと思っております。

トップへ戻る