葬儀の現場で伝えてきた、具体的なお布施の目安

袱紗に入ったのし袋
袱紗に入ったのし袋

葬儀が発生し、見積もりに伺った際に「お寺さんを紹介してもらえますか」と言われた時、必ずと言っていいほど「お布施はどれぐらいですか?」と聞かれます。これまで施行時にお伝えしてきた金額を表記しながらお布施の意義を考えます。

注)決まりではありませんよ、葬儀社側から見ての意見ですので。

葬儀が発生し、見積もりに伺った際に「お寺さんを紹介してもらえますか」と言われた時、必ずと言っていいほど「お布施はどれぐらいですか?」と聞かれます。そのような時に、これまで施行時にお伝えしてきた金額を表記してみます。

お布施の目安は、宗派によっても違うし、地域によっても全く違います。内訳は、おまかに分けると枕経、通夜の読経、告別式、灰葬経、還骨経までが項目になります。

お通夜の分と葬儀当日分としてお車料とお膳料を渡しますが、それらを合算してお寺さんが車でビュ〜んと来た事に対するお車料・お膳料として合計一万円にするか、二万円にするかって感じです。

最近、初七日を当日にすることが多い(再度、親族が集まるのが大変だという事らしいですが)のですが、この初七日のお布施は別です。お膳料・お車料も別の日にする場合には用意しますが、当日初七日の場合は、葬儀でお渡しするお膳料・お車料で済ませる事が多いです。

  • 枕 経:亡くなってすぐの読経    おおよその目安 1万円から3万円
  • 通夜経:お通夜の読経        おおよその目安 3万円から7万円
  • 告別式:お葬式当日の読経      おおよその目安 5万円から15万円〜
  • 灰葬経:火葬場での読経       おおよその目安 1万円から3万円
  • 還骨経:遺骨になられて初めての読経 おおよその目安 1万円から3万円
  • 初七日法要             おおよその目安 1万円から3万円
  • 満中陰法要             おおよその目安 3万円から5万円〜
  • 満中陰法要の際の膳・車料      合わせての金額 1万円から2万円
  • 法事・法要・墓地、仏壇開眼法要等  おおよその目安 3万円から5万円〜
  • 法事・法要の際の膳・車料      合わせての金額 1万円から2万円
  • 初盆(地域によりかなり差があります)合わせての金額 1万円から3万円

あくまでも、参考程度にお考えください。通常の盆参り、彼岸参りなどは、地域によってかなり差があるというか、考え方や普段の菩提寺との付き合い(金銭も含めて)が背景にありますので、500円(ま、今はないか)もありましたし、1000円でも3000円でもありますので。

もう一つ、香典などでもよく言われますが、4と9は避けるとか偶数では割り切れてしまうから「マナー」として奇数をとの概念を持ちますが、一円は無理だけど、1万円なら計算上は割り切れますけど?と、ずっと思ってました。今回も1〜3との数字が多く出てきますが、ホント関係ないです。中身が入っているかどうかの方がお互いに重要視していますから(笑)

これらをまとめてお布施として渡しています

これらを合計して、お布施と考えた場合、浄土真宗系で約10万円から25万円〜が目安になり、真言宗、浄土宗、日蓮宗、融通念仏宗、曹洞宗、法相宗、律宗、華厳宗、天台宗、時宗、臨済宗、黄檗宗など代表的な宗派の場合、浄土真宗より高額になる傾向があります。

仏教には上記以外にも枝葉に分かれた宗派も多く、また独立系の宗派などもあり、一概にまとめることには無理があります。また、神道やキリスト教の場合も同様にお渡しするのですが、目安としては仏教に比べて低い金額をお渡ししているケースが多いと見受けます。

浄土真宗が安くて、他宗派が高い訳ではないのですが、檀家数やその檀家数による葬儀や法事の依頼数を考えると、どうしても檀家の少ない宗派の場合、一件あたりの目安が高めになるということです。

このような感じでお伝えしてきましたが、これが正しい訳ではありません。
と、言うのも、これは具体的な「金額についての話」であり、布施を行う行為の本質をお伝えしているものではないと思うのです。

ご案内する際には、自分で知りうる限りの布施という行為についての意義などの話はしてきましたが、やはり宗教者がその行為を受領する前に、布施を行う方が納得する話をするべきだと思うのです。

お気をつけあそばせ

地域や風習により項目が違ったり、仕分け方法が違ったりと様々ですので参考にならない方もあるかと思います。ただ、こういった慣習が、若干不明な部分も持ちながら受け継がれている背景には、◯◯マナーなどで紹介されてきた事も要因かもしれません。

のし袋の書き方。お金の包み方。偶数は割り切れるので避けるべきだが2万円だけは別です。なんて、様々な書物で紹介されてきましたが、葬儀の現場では、すべて「?」って感じです。そりゃ、日本はワビサビの感性がありますから、そこを飛ばすとYes,Noがはっきりする「欧米か!」となっちゃいますので大切だとは思いますが、そこじゃないんだと思います。

人に対する謝礼ではなく、法行(教義)に対する感謝が必要で、その感謝の気持ちをお届けしたものがたとえお金であっても、その原資が、自分が仕事を通じて感謝を持って得たお金であること。(盗んだ物や、不正な手段で得たものではない)そして、お渡しした先のその使途について案ずることなく、どうぞという気持ちが芽生えることが大切だと思うのです。

最終的に、受け取る側も清らかである必要があります。呑んだくれて、だらしない俗的なお寺様ならその資格はありません。求道者として、社会貢献にも尽力し、地域のためにもその努力を惜しまない姿勢が、受け取る側に求められる最低限の資質だと思いますし、それを法施者が感じるオーラは必要です。

お互いに感謝しあえる環境のために、ご参考になさってください。

最近、Amazonのお寺便に関心が高いので、じゃ、お布施っていったい何なのか考えてみた
Amazonお寺さん便問題で初めて「葬儀のお布施の目安って何だ?」と考えた方も多いと思います。批判の多くは、仏教の成り立ちや、その教義における意味を考えずににわか坊主のような意識で批判的な意見を言っている方も多いと思います。せっかくの機会ですから、一度、ゆっくり考えてみませんか。

シェアする

トップへ戻る