『だから葬儀の仕事はバカでもできるんです』

こんがらかっている紐を持つ人形
こんがらかっている紐を持つ人形

私は、サイトの普及がこれほどまでに葬儀の形態を変化(劣化)させてしまうとは想像できませんでした。安易な情報の発信と利用は弔う行為への畏怖すら端折ってしまい、ネット・SNSの二次元的なアプローチの軽さが故に、儀礼そのものも軽薄化しているのはこれまでの経緯を見ても明らかです。

情報の速さについて行けないから葬儀屋さんはおバカさんなんです

事の始まりは2010年、日本製の高機能スマートフォンが次々と発売され、アップルからはiPhone4が登場した頃からでしょうか。携帯電話の機能が向上すると共に通信インフラも進み、通信費が徐々に下がり始めた事で一般への普及も急速に広がりました。

この頃でも葬儀は自宅や集会所で行われていて、施行には専門スキルも必要だったし、その後、急速にネットが普及するまではノウハウも外には出ず、葬儀業界に飛び込まないと何も分からない独立国家のような世界でした。

よそ者が葬儀屋なんてできる訳が無い。そんな慢心が変化を許してしまった一つの要因でもあります。がっちりとつかんでいると自分だけが思っているテリトリーを侵略されるとも思っていなかったし、裸の王様と同じ世界観は変化して行く事に対応できず、また誰も声を上げれなかった。

ここが葬儀屋のバカなところで、ちっぽけな世界の中でお山の大将として君臨していたから足元が見えない。

互助会が圧倒的な資金力を基にして葬儀会館を各地に建設して行くのを見ると、自分のところもと焦り、融資を受け、身の丈以上の事を始める事になる。挙句、資金を投資(加入者のお金だから運用でしょうが)して獲得した会員を買い取って自社の施行にするという暴挙に出て、互助会を批判する始末。

いやいや、いつのタイミングでもいいから互助会を始めればよかったんですよ。互助会のシステム自体は最初の一人目の会員の契約を取るまではその経費は自身で持ち出しになるけど、その後はその会費から経費を捻出できます。10人、100人となればもう大丈夫。商品を提供していないのにお金が先に入ってくるこの仕組みはよくできたモノです。

でも、町の葬儀屋は頑なにスタイルを変えなかった。なぜ? 仕事があったからですよ。未来永劫にその仕事が入ってくると、その時には思っていたのが葬儀屋。これもバカな故の先見性の無さ。

そんな葬儀業界で育った人にもバカは多い。親方が呑気に明日も来る。また仕事は入って来る。そんな風に思っているから子方も同様に次が有ると思っている。だから危機感なんて全くない。

確実性のない仕事のアプローチを工夫する術はどこの葬儀社も同じ事をする。病院・自治会・警察などへの営業、企業関係との提携を模索、そんな事どこの葬儀屋でもやるのでバッティングする。すると金が飛び交う世界になって、不正も生まれやすい土壌となる。

で、ハッと気付いたら周りは互助会だらけ。ネット上では葬儀ブローカーが主導権を握り、自社で働いていた人間が同じテリトリーを狙って独立してくる。設備投資なんて限界か個人なら無理なのに互助会と戦おうとする。ムリ、ムリ。結局、葬儀の形を変えて値段で勝負するしか無くなってしまう。

そして生まれたのが直葬という話って、自分の首を自分で締めているようなものですよ。互助会は賢いとは思わないけど、互助会の仕組みを作った人はすごいと思う。後は早い者勝ちで、ちょっと賢いやつがでかくなった世界。後継者には同様にバカと言わせていただく方もきちんと存在しています。

ホント葬儀って仕事はバカでもできるんですよ。でもこれからは難しいだろうなぁ、舵取りが。大手でも潰れる時代だし、個人で今更起業するなんて、無い知恵を絞ってもアイデアなんて出てこない。バカな私も含めてとびきり賢いヤツが少なすぎる業界ですから。

シェアする

トップへ戻る