この棺はメーカー希望小売価格で10万円です

桶職人の浮世絵
桶職人の浮世絵

葬儀代金に含まれる葬具商品各種にはメーカー希望小売価格なんてものはありません。最近では、ネット上で棺なども販売されているので、参考となる流通価格は見えてきましたが、まだ消費者の信頼を得る状態ではありません。そんな時代に、葬儀社はまた乗り遅れるのか…

葬儀費用は高額であることに間違いはない

こんな事を言うと、何を根拠にとか、いやいや、親族や参列者の人数によって変わるので一概に言えないとか、低価格の葬儀もあるのでそうとも言えないよ、なんておっしゃる方も多くいると思います。が、高いのは間違いない。

例えば、私が在籍していた中のある葬儀社では、全国平均で130万円前後が平均でしたし、関西圏だけで見ると平均で140万円を超えており、部署によっては180万円前後で推移しているところもありました。で、意外と東京方面は低く、平均売上を関西が引っ張り上げる傾向が強かったのです。

この中には、祭壇費用、生花装飾費用、葬儀備品一式、会館使用料、車両費、供養品、飲食費などが含まれま、宗教者の費用は別です。平均で130万円という事は、そこそこの葬儀だった場合、200万円をオーバーするという事です。

そこそこの一例ですが

実際、私が見積り担当者として現場でやっていた頃でも、個人葬でさすがに300万円を超える葬儀は少ないのですが、200万円前後、200万円オーバーは結構ありました。ざっくりで申し訳ないですが、突き詰めると、結局のところ葬儀はざっくりなのであしからず。

祭壇費用、生花装飾費用として80万円〜120万円。葬儀経費として約60万円。飲食費(親族40名+一般分)で約60万円。この合計で、200〜240万円。

粗供養が出た分だけなんですが、当然、出るというか出す程でやってますから、親族と一般の合計が通夜で100個、告別式で100個出ると、これだけで200個×600円に各礼状を含めると約15万円になります。

ざっとこれだけを合計しても、80万円の祭壇で215万円、120万円の祭壇なら255万円となります。

ここに、香典のお返しを当日に渡した場合、香典の数量、金額にもよりますが上記のようなケースで見ると80万円〜100万円オーバーがプラスになります。そうすると、300万円前後はいっちゃうという訳です。これが、そこそこの葬儀の一例です。

メラメラ燃え上がっている担当者に成り代わっての概算です

最近では、このような葬儀金額なんて少ないですけど、メラメラ燃え上がっている担当者も未だ存在していますから、老婆心で申し上げておりますので。

いやいや、そんな概算なんて正確じゃ無いでしょう。そのような葬儀ばかりでは無いし、イメージが悪くなるでしょう。なんて声が聞こえそうですね。でも何度も言います。葬儀は、葬儀費用は、葬儀社はざっくりです。(笑)

個人商店でも、上場企業でも、根底に流れる思想はざっくりです。この業界に葬儀社なんて会社や企業はありません。皆さん、どこまで行っても、その本質は葬儀屋ですわ。

一方、そこそこでない場合の金額は様々で、各社ともに最低価格設定はありますが、先ほどの葬儀社の場合では、一応、葬儀(家族葬)を行ったケースで飲食・供養品を除いて60万円〜あたりが設定金額になってましたね。

ネット紹介業者の費用50万円で考えるその価値とは

先の60万〜もそれなにの金額ですが、では、葬儀価格の改革をモットーに展開する、ネット紹介業者における家族葬の平均的な価格約50万円は安いのか、高いのか、どうでしょうか。

お金に関する価値観は人それぞれなので、一概には言えませんが、家族葬50万円の設定を、紹介業者は他社より安いという事で宣伝しています。私は正直、高いと思っています。50万円ですよ、それだけあれば何ができるのか、何に使用する事が意義のある事なのか…

う〜ん、悩みます。

…閃きました。おすすめがありました。あの有名な千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」に家族4人で行けます。しかも、盆と正月の2回は行けますね。思い出にも残り、家族と有意義な時間を過ごせます。これも家族想でんな…

葬儀は心と記憶に残りますが、形として残るものは遺骨と遺影写真ぐらいでしょうかね。
あっ、請求書と領収書があった。しかも、感熱紙タイプなんてあえて使ってくるから、20〜30年経って、次の葬儀の時には文字が消えてしまってますやん。わざとちゃいますか?

安くはないですよ、紹介業者の葬儀は

現在、高額なイメージの葬儀は減ったように思われますが、逆に紹介業者を通じて家族葬を行う場合、最低50万円は必要という環境に変わってしまいました。この中には葬儀社から紹介業者へ支払うリベートが含まれているため、最低価格が若干上昇したとみています。

以前、紹介しました「私はAMAZONで「注文」される僧侶【瓜生崇】」でもキックバックについて記述されていますが、葬儀より費用の低いお寺さんでも平均4割持っていかれるのですから、50万円を目の前にした場合、紹介業者がガッツクのもわかりますよねぇ。

皆さんがこれらのサービスを利用して僧侶に「お布施」を払うと、その中から通常3割から5割、平均で4割くらいがキックバックとして僧侶から仲介業者に払われます。

という事は、本来、同じ内容でももっと安く提供できるのです。これが大きな弊害です。紹介業者の意識としては、お互いに折半するための利益を含む「50万円は安い」と考えているのです。

もう一つの狙いは、50万円なら一発目に借り入れるローンの費用としては融資を受けやすい金額なんで、その辺りを狙って、いわば限度額いっぱいのところを狙って最低金額をそこに設定しているのではと考えています。クレジットカード以外のローンでは常識的なワク設定だと見ますが、ひねくれてますかね。

それらの背景や思惑を考えると、この50万円という金額、私は高いと思うのですが、羽振りのいいIT企業の社長さんが考える金銭価値としては安いんでしょうね。ま、一般人とは少しズレていてもいいんですよ、なんせ現金を用意できなくてもローンがありますから。ね、社長。

ここで、Amazonアソシエイトを貼るんでしょうが、しません(笑)

最近ではネットで棺も骨壷も購入できます。Amazonでも販売しているので、普通ならここでAmazonの棺のアソシエイトを貼っておくのがサイト運営の常道なんでしょうが、三日坊主はしたくないですね。

アソシエイトのID持ってますが、記事中に自分が納得できないモノ(リンク)や、関連書籍など紹介のために貼るって嫌です。どうも、サイトの趣旨がブレそうですし、そのままAmazonへ行ったまま、三日坊主へ戻ってきてくれないのも悲しいですしね。

ま、ともかく、ネットで葬具が販売されるということは、一応の目安となる単価が見えてくる訳です。こういった販路があることによって消費者の皆さんは「ホォ〜、棺ってのはこれぐらいで買えるんや」と知る事もできていいんじゃないかと思っています。

実際は、もっと安いものですけど、1万円で仕入れて10万円で販売するってのは常道でしたし、その売価設定では、最近の情報開示で葬儀社も販売しにくいので、若干、売価は下がっていますなぁ、ホホホ、いい事です。開示される事で参考上代価格になる訳ですから。

メーカー希望価格って弊害もあるけど、葬儀にも必要じゃないかと

で、葬儀の費用は高いというテーマで何を伝えたいかというと、先ほども申し上げたように、一商品100万円ではなくても、細かな商品を積み上げて総額100万円になったりするので、葬儀社の販売品目にも「メーカー希望小売価格」が必要じゃないかと思うのです。

ほとんどメーカーというか、商社なり業者からの仕入れが占めているのですから、消費者の理解を得るためにそのような表示が存在してもおかしくないのですが、葬儀屋さんは理解を得る努力よりも、原価、売価を隠したい傾向できましたから、なかなか実現しません。

オープン価格でもいいのですが、「推定価格」なりの、一応の販売価格の目安が必要なのではと思うのです。要は、祭壇も含めた葬具一つ一つの商品説明書と品質保証書があり、できればこれぐらいで販売してもらえたらありがたいなぁという、葬具製造メーカーからの希望小売価格の設定です。

ただし、葬儀業界が自主的にすると、勝手に上代を高くして売価が安いケースが多発するでしょう。いわゆる「うちは値引き率が高い優良業者でっせ」みたいな、また、しょうむない宣伝に使うのがオチですから、これはダメ。

もっとネットで販売して下さい

購入する人がいなくても、葬儀で使用する商品全てのカタログを作成し、ネットで販売していけばいい。棺とか骨壷みたいなベタな商品ではなく、もっとマニアックに商品を販売しましょうよ。そうする事によって、おおよその流通売価が見えてくる。これが参考になるのです。

オークションはダメです。オークションでは価格が変動しすぎるのもありますし、その落札価格は参考にならない。不確定な要因が多すぎます。葬儀社に渡していたカタログをネット上で消費者にも開示するだけでいいんです。

建前上、葬儀業者のためのネットカタログでいいのですが、その実は、メーカー希望小売価格を公表するためのサイトでいいのです。消費者の皆さんに、葬儀で使われている商品の流通売価がどれぐらいかを告知するサイトです。だから、すべてを網羅して、カテゴリー別に分けて見やすく作ってくださいな。

それよりも安ければ、その業者は頑張っている訳で、そうじゃない業者は、高級ホテルか、百貨店を目指してサービスの質を向上させ、間違いがない葬儀を提供するためにスタッフ育成に経費をかけているので、そこは定価でスンマセンでいいじゃないかと思うのです。

各社の個性を出さないとダメです

要は、何を売りにしているのかという、自社のポジションとメッセージをはっきりと伝えないといけないのです。その姿勢、そのメッセージの判断基準を、消費者にもわかりやすい環境を作らないといけないのですよ。

売価をどこに設定しようが決めるのは自由ですが、それなりに総額は高額になる商品サービスだからこそ、自主規制による襟を正す行動が評価につながるのではないかと感じるのです。

これを、全葬連なり、全互協などが消費者の信頼を得るための一つの手法としてやればいいんでしょうが、やろうとはしないでしょうから、極端に言えば、商品を卸すメーカーが法規制に縛られたらいいのにと思うほどにやって欲しいのです。(法規制は無理ですが)

そうすると、買ってもらうために葬儀社にペコペコ頭を下げて商売しなくても、一応のメーカー希望小売価格があることによって、業者も消費者も安心して取引ができるのではないかと思うのです。

そこからの値引率は、取引量によって変動するでしょうから、一見さんも買ってくれやすいのではないですか。独立したところへ商品を卸すと脅されたりするんでしょ? ビクビクしながら商品を卸す事も無くなって、取引環境が良くなるんじゃないですか?

真っ当な商売のために頑張ってくださいな

葬儀社が主導でやっちゃうと、不当なカルテルが結ばれ、独禁法禁止に引っかかる可能性もあるのでダメです。ロクな考え方を持ってませんから自社都合のシステムができちゃいますよ。急に、め〜っちゃ高い布棺なんかが登場したりして、すべて底上げされるのがオチでしょ。

そうではなく、メーカー、卸売業者が正当な利益を得るためのガイドラインとして、また、消費者の信頼を得るための手法として、メーカー希望小売価格を表示しだしたら葬儀社さんはどうするんでしょうか。本来は、消費者のために協力する立場だと思うのですが。やっぱ無理か… 反対するでしょうねぇ。

小さなお葬式を買ったところあたりから「何しとんじゃ、わりゃぁぁ、そんな事やっとったら、お前とことは付き合いしいひんどぉ! よそから買うたるさかいな!」なんて、大阪弁、いや京都弁、いやいや近江弁(あら?失礼しました)丸出しで脅しがありそうですもんね。

これだけ弱い製造業者、卸売業者も珍しい構造やけど。ま、小さな商品でもあり、どことも同じような取り扱い商品なんで、営業担当の努力と顔で買ってもらってた業界ですもんね。その歴史で構築された業界全体の力関係とか、何か間違ってませんかね? そろそろ脱却するべきです。

それを解決するためにも、自社製品にプライドを持って取り組んでいただきたいですね。

シェアする

トップへ戻る