会館使用料とか、おかしな請求項目が多いと感じます | 直葬は、間違ってます by 三日坊主

会館使用料とか、おかしな請求項目が多いと感じます

葬儀社の自社都合の極めと思う、会館使用料。一括でいくらとすればいいのに、細かな項目を設けて請求する。控え室使用料なんて、会館を利用する上で必要な部屋代でも請求するのですから。

会館使用料の根拠? 会館使用料の二重払いのからくり

葬儀を会館で行う時、「会館使用料」を支払うケースが多々出てきます。これって料金は各社別々ですが、健全な会館運営を行う観点から言えば、設備投資に対する回収項目としては無料ではなく、請求するべき料金項目ではあります。

自治会の集会所でも使用料を支払いますから、葬儀社の会館でも利用する際の請求は当然だと思いますが、ここで一つ問題が。お葬式を1件しかできない式場では問題ないのですが、同時に2件以上行える式場の場合、重複する項目を請求されている事があります。

例えば、式場使用料以外に「警備費・ガードマン料」などと称して、参列者などの車両誘導を目的として請求されるケースがありますが、同時に二件の葬儀が行える場合でも、大抵このような料金項目は喪家同士が請求上で重複します。

つまり、施行(請求)は二件しているのに車両警備・誘導の人員は一件分で両方まかなっているという事です。会館ベースでの「必要経費」ならば、二件なら半額か、もしくは会館使用料に含めばいいのですがそうはしない。もう1件分は「丸儲け」を狙ってますから。

そもそも、車両を誘導するためのガードマンなり警備というのは、会館運営上かかる経費でありますし、設備や施設の形式上、安全確保のため必要ならば当該する事業者が負担する性質のものです。イケアやニトリでガードマン料金や施設経費なんてレシートに項目がないですし。

会館を建てたのは葬儀社の都合であって、それがいつも使われない、たまに使われると光熱費がかかる。減価償却もしていかないといけない。だから、たまに(しょっちゅうでも)使われる時には「売上になる項目」をいかにもって感じで設定して、消費者に説明するのです。

トップへ戻る