う〜ん… やはりIT屋さんは、葬儀はやらないほうがいいと思うんだけど

高いところから街を見る美女
高いところから街を見る美女

ご承知のように、ネット上で葬儀のプランを定額で構成して、消費者に販売する「葬儀紹介業者」。これには流通大手のイオンさんも参入しているけど、この方々って葬儀をカタチだけ切り取ってるようにしか見えないんだけど、大丈夫?…

葬儀業界の自業自得なんですけどね

紹介業者の始まりは、葬儀社や葬儀場の検索をできるとか、葬儀のしきたりとかをまとめて、便利な情報をサイト訪問者に提供し、広告掲載をさせている葬儀社のページへリンクさせて、施行につながれば広告料金を支払ってもらうシステムでした。

基本的には葬儀社の方を向いて商売していたんですよね、当時は。葬儀業界がITに疎いから、葬儀屋を広告料金無料で掲載してつながりを持ち、あわよくば、その葬儀社のホームページ作成なんかを受注しようかなんて思っていたんですよ。

消費者を完全に管理できないシステムだったので、自社サイトを離れた後は、実際に葬儀につながったのかどうかがわからない。結果を葬儀社の良心に任すしかないやり方もどうかなと思うんですけど、葬儀社も嘘つきなんで、この関係は崩れていくのです。

で、この経験が元で、彼らは葬儀ってどうすればいいかを「分かっちゃった」んですよ。

そうなりゃ、後は朝飯前。必要な商品構成を組み込んで、プランも真似て仕組みを作った。そして、最初のアプローチから施行までの主導権を握るために、直接、葬儀プランを販売して、自分たちを騙してきた葬儀社に仕事を受けさせる方法を考えついちゃったんです。

あなた方の本音はどこにあるのかな

現在のやりたい放題は皆さんもご承知の通りです。坊さんを販売してみたり、直葬を葬儀と言ってみたり、果ては、通夜をしない一日葬なんてのを、紹介業者と葬儀社の利益配分の都合で生み出してきたのです。

最近は、自宅葬儀社なんて、どこかの葬儀経験者を使って葬儀屋まで始めちゃった。コンシェルジェが「最後の思い出も、家でつくる。」なんてかっこいい言葉をコンセプトに葬儀を行うらしいけど、富裕層を狙っているからか最低価格で55万円もする。安くはないね。

素人でもできる商売だけど、さすがにこれだけ葬儀を弄ばれてしまうと、悲しいとしか感じない。葬儀施行もせず、業者に紹介するだけの立ち位置や、金儲けのために目新しさを売りにする葬儀だと、本当に儀式の重みってのはわかり得ないと思うのです。

で、業界からこのような言葉を発信すると、いや、葬儀社がそこを大切にしていないから、私たちがやっているんです。わかりにくい価格構成が不親切でしかないと。いやいや、あなた方の方が不親切ですよ。そこには故人や儀式に対する畏怖が無いもの。

葬儀を担当する資格ってなんだろう

心から手を合わせて、最大限の配慮ができないと葬儀の仕事をする資格はないと思うのです。これまでに楽して儲けようなんて、チャラけた社員もたくさん見てきましたけど、そんな奴らでも組織の中で働いている以上、そこには、こだわりを持つ人間も存在するので注意や指導をできるんです。

いわゆる、長らくその仕事に携わってきた、良き経験者が一人や二人はいるので最低限の縛りは保てたのです。後はその個人の問題で、葬儀施行時の喪家の評価が会社内での評価に繋がるので、一応のセーフティネットにもなります。

しかし、これらの柱がないスタイルで自己解釈の葬儀が横行すると、経費と利益が基準になってしまう。互助会でも、巷の葬儀社でも、そんなところは山ほどあるけど、一応、葬儀を仕事としているし、その姿勢が社会的な評価なのでそこまで無下にはしない。

葬儀のカタチをこねくり回して、基本から外れていくのは間違ってますよ

何事にも基本というのが必ずあります。基本を習得してから初めて自分のカタチが生まれると思うのです。葬儀の基本は葬儀組が存在していた頃のように、寄り添って協力し合いながら故人の御霊を送る事です。儀式を重んじる事です。これまでのやり方を踏まえていく事です。

そこには見えない世界への畏怖であるとか、先人の教えであるとか、いわば宗教という、心の拠り所がありますし、それに対する尊厳を保とうという行動が根底にあったと思っています。

生きる世界(動)と死後の世界(静)が初めて交わる空間が葬儀の場です。そして死後の世界の静を動へと繋ぐのが葬儀の場での儀式であり、供養であると私は思っています。静の空間も動いているのですが、そのエネルギーの変換をするのが宗教者の存在です。

紹介業者や終活事業者から悪く言われる葬儀業界でも、これはかろうじて保っています。商品構成と売価のバランスが悪いだけです。しかも、基本的には一人一人の人生が違うので、葬儀も違う。それに合わせると商品も複雑なのでひとくくりにしにくいのです。

自宅葬儀社の姿を見ていると、このような事を思いました。葬儀業界もバカだと思いますが、やりたい放題のIT葬儀関係者は、もっと、葬儀の基本を踏まえるべきだと思います。

あなた方も必ず死ぬんですから。その時は、どんな葬儀をするんですか? 既存の葬儀社のあり方を否定している立場で、まさか、社葬なんてしないでくださいね。

トップへ戻る