現場の話一覧

お葬式の現場で見てきた事、経験した事をまとめました。

実録! 親戚の葬儀から見える今どきの葬儀事情 番外編「葬儀社の皆さんへ」

「実録!親戚の葬儀から見える今どきの葬儀事情」のまとめです。今回は、葬儀の現場から見えるポイントを、葬儀業界の皆さんにお伝えしたく記事をまとめました。特に経験の浅い方、葬儀の仕事をやってみようって方に読んでいただきたいと願ってます。

記事を読む

実録! 親戚の葬儀から見える今どきの葬儀事情 第4部「見積り後編」

現在の環境で葬儀を考える時、消費者への情報開示も進み、巷には安価なプランが出ており、葬儀費用が安くなったように感じますが、実は底上げがきつくなっている事を痛切に感じました。皆さんが実際に葬儀を行わなければならない環境に身を置いた時に遭遇する事案です。

記事を読む

実録! 親戚の葬儀から見える今どきの葬儀事情 第3部「見積り編」

第1部「警察篇」、第2部「葬儀篇」に続いて、今回は、第3部として見積りにおける、現在の葬儀業界の”事情”を探ってみる。今回は、強烈な担当者がやってきた。強気な見積もり姿勢から見える葬儀業界の事情を探ってみます。

記事を読む

実録! 親戚の葬儀から見える今どきの葬儀事情 第2部「葬儀編」

前回、警察の背景にある事情的な行動を、三日坊主なりに検証しました。今回は、直葬が増加する現在の葬儀における消費者の意識と、その対応を考慮する葬儀社の背景を垣間見る事象に、消費者側として遭遇したので記してみます。

記事を読む

実録! 親戚の葬儀から見える今どきの葬儀事情 第1部「警察編」

病院での死亡と違い、自宅死亡の場合は警察の鑑識がやってきます。死亡事案の背後には何があるのか?警察の事情とは?その時、どのように対応すればいいのかを考えてみます。

記事を読む

ネット上の葬儀情報が多すぎる中で感じる事、迷う事

昔の葬儀屋は、アウトロー集団? 私がお葬式の仕事に初めて就いたときはまだアウトローな仕事の感じで、新卒、大卒採用なんて全くいなくて、中...

記事を読む

おやっさんの葬式スタイル

印象に残る葬儀屋さん 私が葬儀に携わるようになった頃は、喪家に「奥さん~~。明日は5人来ますんで」と、お昼ごはんの用意をお願いしてまし...

記事を読む

真っ暗な葬儀式場を歩き回るのは… 誰!?

こんな不思議な事が… なんて人伝に聞いたりしますが、そこはやはり、自分で経験したことが一番。この葬儀会館ではテキトーな間隔で変な事が起きてました。これは勘違いかもしれませんが、実際に私以外の複数の人間が聞いたりしています。

記事を読む

幽霊って見ます?

不思議なことが、無いといえば有るし、有るといえば無いし… どっちやねんって感じですが、そこはやはり葬儀の世界。ちょっと怖い経験を一つ。

記事を読む

寸志の実情

良くも悪くも寸志は存在していた。潤滑油としての側面もあるかもしれないが、徐々にエスカレートするにつれ大きな問題になってくる。果たして寸志は必要か不要か。

記事を読む

葬儀屋さんの暴走を止めていた存在、それが帳場と葬儀組でした

古く、葬儀組が存在した時代には帳場があり、葬儀に関する集中コントロールセンターの役目を担っていた。ある意味、葬儀社に対しての監査役にもなっていて、無用な費用の高騰は防がれてきた経緯がある。この存在が無くなってから葬儀の形態も大きく変化する事に…

記事を読む

トップへ戻る