無関心が生み出した葬儀・僧侶紹介ブローカーの存在が意味するもの

本山が菩提寺を紹介するしくみって非常に難しいらしい。富める寺院には関係ない話だけど、地方に点在する鎮守様やおらが村のお寺にとって維持管理は死活問題。文化庁も建造物だけじゃなく、それを維持する皆様へ目線を向けて欲しいなと願います。

葬儀・僧侶紹介ブローカーなんて無くなってしまえばいい

心底思っています。現在の葬儀屋の存在ですらまやかしっぽいのに、それ以上に胡散臭い。葬儀の実務はしないけど、葬儀屋のごとくプランを並べたサイトを構築して利ざやを得る。得度することもなければ、僧侶の資格を取得するわけでもないでしょう。

当社の代表は僧侶の資格を持ち、皆様の立場に立って、日々お世話を担当した故人様の供養を願い読経を上げております。なんて、あれば宣伝に使うと私は思っていますので。

それにこのブローカーの仕事に関わる、代表者・役員・社員・オペレーターの人達って、プライベートで手を合わす事ってあるのかな。自分たちの仕事が死に関わる上でどのように位置付けされて、世間からの評価がどうなのかと考える事ってあるのかな。評価って業績じゃないですよ。遺族側から見ての事です。

新しい事を初めてビジネスチャンスを活かすのはいいと思うし、どんな仕事をしようが法に触れない限り、それは人の勝手だからどうでもいいんですけど、どうも消費者を迷わせるような内容設定で葬送儀礼もぶっ飛ばしてやるってところがどうかと思うんですよ。

直葬とか一日葬をこの人たちが作り出した訳でもないけど、「お忙しい方のために、最近では通夜を省いた一日葬を選択される方も増えています」なんて、お寺さんが聞いたら「?」となるようなコピーを出して宣伝するのはどうかと感じるんです。(臨終から通夜・葬儀式の流れで省けない宗教的な儀式があるんですよ、普通は)

A社がやっているからうちウチでもやる。B社が値段を下げてきたからウチも下げよう。そんな金額でできるなら最初からやっとけって話なんですが、そうじゃないと思うのです。値段じゃないのよ、内容ですよ、問題は。

その提供する直葬とか一日葬と葬儀本来の意義との関係性、在り方に疑問を持たないのかなって。そこを大切にしているコピーは一切ないし、思いも伝わってこない。だからダメだと思うし、世間が困っている部分に乗っかるやり方が汚いと思う。

もう少し、根っこに何かをしっかりと持たないと

大手の葬儀社や互助会を退職して独立し、思うように仕事が入らない焦りから、業界の隙間を狙ってゲスな人間たちが生み出した形態が直葬だとは思います。ブローカーが世に出したものではない。彼らは便乗しているだけ。でも、そこは違うんですよって価値観がないのがさもしいし、同じような存在なんですよ、両者とも。

その独立系葬儀屋もどうだかだけど、やはり葬儀って「意味のある行為」だと思うのです。私の周りにも直葬屋はいます。普段は別の葬儀社の手伝いに行って、仕事が入れば休みをもらって自分の看板の仕事をする。三日ほど休んで、また普段は手伝いに出る。

これで得る売上で生活を賄えないから副業をするけど、そんな独立って楽しいのかな。夢のある仕事なのかな。世の中の役に立つ仕事なのかなって感じるのです。独立した仕事のために一年中どこにも旅行すら行けず、24時間電話が鳴る事を気にしながらの生活がしたかった事なのかなと。当初は、もっと高い志を持っていたんじゃないのかなぁ。

そんな連中が、仕事が欲しいために複数のブローカーに登録する。大手の葬儀社、互助会から見れば無視してもいい存在だけど、ちょこちょこと仕事を奪って行くから、なら、俺たちも登録するかってなって、結果、ブローカーの手の上に乗せられている。大手はそう思っていないけど、どっちもどっちで、狐と狸の騙し合いみたいなもんですよ。

僧侶紹介サービスの問題

登録僧侶もそうで、登録する側には言い分があると思うのですが、檀家システムが崩壊した現在の寺院を取り巻く環境では、経済面でのセンスも必要な事は事実です。檀家総代が寺院の金銭管理や運営を担当してくれていて、足らない分は総代や資産家が賄ってきた時代とは違うって事です。

寺院を運営すると言う事は、会社でいえば経営するのと同じ事です。経営という観点から見れば紹介ブローカーの方が数段上です。だから登録をせざるを得ない。自分たちでグループを作り、サイトをアップしてやっている僧侶たちもいるけど、そうじゃないんですよ。それを自分たちでやればブローカーと同じにしか見えないんですよ。

教えと経済を両立するなら、そのパワーを本山に向けないとダメです。本山単位で檀那寺を紹介する事を構築するべきで、そのための障害を取り除く努力をしないとダメって事です。

と力説しても、仏教に詳しいある方のお話によると、末寺からは本山には働きかけはしないだろうと伺いました。本山が自ら腰を上げないと実現しないのではとの事です。しかし、なんとも悲しい話ではないですか。素人からすれば、同じ宗派の方を別の地域の寺院に紹介する事って、そんなに難しい事なのかなと思います。

先日、お知らせした真言宗智山派の総本山智積院(ちしゃくいん)の本山から菩提寺を紹介するシステムって、ネット上でやらかしているブローカーのようなITプログラムなんて必要ないんです。人と人のつながりで「ご紹介」しているだけです。

しかし、全ての諸悪の根源は無関心が生み出すんでしょうね

本山も末寺の状況に対して無関心だし、一部のおらが寺を抱える菩提寺と檀家以外の特に若い世代は家と宗教のつながりに関して無関心。

葬儀は宗教的行事という国の認識があるけど、その葬儀進行を担当する葬儀業界も、各宗派による葬送儀礼形式を無視した葬儀を消費者のためと言いながら売り出すのは、宗教の今後については無関心だからこそです。

国も重要文化財だ国宝だとか言いながら、金はなかなか出さないくせに口はやたら挟んでくる。これも根本的な問題に対して無関心だからこその姿勢の表れじゃないかな。関心があるなら、富める寺院は国に関わられる事を嫌うでしょうからほっておいて、富めない歴史的背景を持つ宗教施設に対してもっと協力を行うべきではないかなと思います。

たとえ村の鎮守様でも、おらが村のお寺でも、その背景に歴史的重要な経緯があるのなら建造物だけじゃなく、その維持管理を行う方々、つまり住職一家の生活費であっても資金をサポートするべきじゃないのかな。

使途についてはきちんと年に一度、資産報告と監査をすれば済むだけだし、何せ、その方がいないとその建造物は朽ち果てていくんですよ。文化財が崩壊するんですよ。それを後世に残すのが役割じゃないんでしょうか、そんな柔軟な対応を考える時期じゃないですか無関心の文化庁さん。

この偉大なスーパースターならどう考えるんだろう

そんな寺院を抱えるお寺さんの一部が社会情勢の変化によって窮地に追い込まれ、それを嗅ぎつけたハイエナのごとくお金に対する嗅覚の鋭い連中が、葬儀・僧侶紹介サービスなんてもので僧侶を宗教を商品として売り出しているんですよ。

この人たちは宗教が衰退しようが、葬儀の形式が軽薄になって、その結果として死 ≒ 葬儀を儀式から処理に変わっても無関心。関心があるのは儲けだけ。はぁ、改めてさもしいと感じますが、こんなサービスを無くすのは簡単です。登録しなければいいんです。でも、その登録僧侶の受け皿が無い。これも現実です。

その末寺の窮地を、世間の無関心から関心事に変化させるしくみ作りが必要なんでしょうね。ところが先に申し上げたように、この末寺からは本山への働きかけはしないとも聞くと、末寺も結局、無関心と取られるのではないでしょうか。

本山に働きかけても仕方がないと言うのは、仕方(やりかた)をやり尽くしていないからかもしれない。だから「仕方が無い」、打つ手が無いだけではないでしょうかと、法話のような話ですがそう感じます。本山があてにならないなら、自らが国・文化庁の意識を変えるくらいの行動しかないと言う事ではないでしょうか。

難しい事とは思います。でも、その道を自らが選び、極めると決めた以上、やり遂げないといけないのはサラリーマンであっても宗教者であっても、それは同じだと思うのです。その目的が法のためであっても、家族のためであっても、単に自分のためだけであってもやるしかないのでしょうね。そうしないと生きていけないですもん。

国家的エリートとして唐(中国)へ渡った伝教大師最澄と、方や苦労しながら遣唐船に乗った弘法大師空海。境遇は違いますが、どちらもこの国の仏教だけでなく国家の礎を築く上で大きな功績を残された偉大な方です。もし、今の時代に両者が存命されていたらどんな行動を取るのでしょうかと、いつも考えてしまいます。

ちなみに、三日坊主は弘法大師空海が大好きです。関係ないか・・・

トップへ戻る